イギリスの初等教育の改正

09013

BBC http://www.bbc.co.uk/news/education-28987787

イギリスの初等教育は、義務教育は、小学校(primary school)において5歳から始まります。

こちらでは、日本のような学年制ではなくて、ステージ制になっていて小ー中等教育期間は、4ステージに分かれています。

日本の学習指導要領にあたる「ナショナル・カリキュラム」(National Curriculum)によって必修科目とその内容が定められており、

4ステージ:
キー・ステージ1(5~7歳)
キー・ステージ2(8~11歳)
キー・ステージ3(12~14歳)
キー・ステージ4(15~16歳)

最終ステップ:
GCSE(General Certificate of Secondary Education) 義務教育修了試験

Millions of children in England will begin a “tough” new national curriculum when they return to school this week.
Five-year-olds will learn fractions and computer coding, while those in early secondary school will have to study at least two Shakespeare plays.

なんと改正内容では、5歳からコンピューターコーディング、コンピューター編成などのカリキュラムが

組み込まれるようになり、一方では中学教育では最低2本のシェークスピア作品を学ばなければ

ならないということです。

さすがイギリスですね!?2本もシェークスピアとは、ロミオとジュリエットぐらならいいですがね。。。

The curriculum is being implemented for most year groups simultaneously.

Teachers’ leaders say the timetable is unrealistic, but the Department for Education said its aim was to prepare children for “life in modern Britain”.

それでもやはり教育関係者はこれらの変更は実際的には、現実の子どもの現代教育にマッチしていない

のではないかといいう疑問の声もあがっているでそう。

いかが新しいカリキュラムの内容なのですが、いかがでしょうか。

歴史はちょっと世界史系なので、日本の小学校と比べるのが難しいのですが、やっぱり早い年代から歴史を勉強し始めるのが、イギリスらしいですね。

あと、数学は分数が5さいって結構早くないでしょうか?たしか小学校中学年ぐらいで習うようにおもいますが。
英語は、いきなりシェイクスピアが重要!って書いてあるのがびっくりしました。
理科は、ソーラーシステムや速度が小学校教育にいれられたと。
そして最後にコンピューターの授業もはいってきて、そのなかにcodingが入ったわけですね。
codingといってもかなりいろいろあると思いますが、プログラムにも通じるようなものであれば、かなり高度なないようだと思いますね。
日本でも、インタネットなどの授業は定期的にあるかとは思いますが、コーディングっていうのはあまりきいたことがないですね。

The history curriculum
takes primary pupils through British history from the Stone Age to the Normans. They can also study a later era, such as the Victorians. “Significant individuals” to be studied include Elizabeth I, Neil Armstrong, Rosa Parks and suffragette Emily Davison. Secondary schools will teach British history from 1066 to 1901, followed by Britain, Europe and world events from 1901, including the Holocaust and Winston Churchill

Maths
will expect more at an earlier age. There will be a requirement for pupils to learn their 12 times table by the age of nine. Basic fractions, such as half or a quarter, will be taught to five-year-olds. By the end of Year 2, pupils should know the number bonds to 20 and be precise in using and understanding place value

English
will strengthen the importance of Shakespeare, with pupils between the ages of 11 and 14 expected to have studied two of his plays. Word lists for eight- and nine-year-olds include “medicine” and “knowledge”, by 10 and 11 they should be spelling “accommodate” and “rhythm”

Science
will shift towards a stronger sense of hard facts and “scientific knowledge”. In primary school, there will be new content on the solar system, speed and evolution. In secondary school, there will be a clearer sense of the separate subjects of physics, biology and chemistry. Climate change will also be included
Design and technology is linked to innovation and digital industries. Pupils will learn about 3D printing and robotics

Computing
will teach pupils how to write code. Pupils aged five to seven will be expected to “understand what algorithms are” and to “create and debug simple programs”. By the age of 11, pupils will have to “design, use and evaluate computational abstractions that model the state and behaviour of real-world problems and physical systems”

どうなるのかまたウォッチしていきたいと思います。

イギリスでも教育の質の問題はかなり問題しされているので、とても関心は高いと思います。

ただ、アジアの人に聞いたことがあるのは、内容は英語であることをのぞけば簡単だと聞きました。

なので、質自体は日本の教育のが密度は濃いかもしれませんね。

あとは、歴史とか英語はかなり趣向が違うので、その違いはおおきいと思います。

関連記事

カテゴリー

return top