夏 ベランダガーデニング

08132

BBC http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-28667730

イギリスの短い夏は早くも終わりを告げようとしているのでしょうか。

ここ数日は、すっかり秋のような気候になりずいぶん涼しくなりました。

もう20度前後の気温で、朝夕は寒さまで感じるほどです。

日本ではとても考えられません。

そんなイギリスでもまだ夏の庭がベランダで楽しめます。

こんな素敵なベランダガーデン兼住人のコミュニケーションスポットが

注目されているそうです。

Way up above London’s bustling streets, previously neglected rooftops are being converted into flourishing wild flower, fruit and vegetable gardens.
“There’s nothing quite like looking at the view of the Gherkin through a trellis of green beans,” says Kelly Peake, who lives in a flat in Tower Hamlets, east London.
Three blocks of shared ownership and housing association flats share the Silk Gardens Rooftop, which is a member of Capital Growth Network, a charity that encourages food growing in urban areas.
The gardens include wildflowers, roof top boxes, and trees and bushes from which the residents share fruit.
“It’s very good for developing the community,” says Ms Peake. “Families share the roof space and urban kids get to see where food comes from.
“In a block of flats you wouldn’t normally get to meet your neighbours for a sustained amount of time in the corridor.”

ロンドンではそうですね。

きっと都市かでマンションや世帯寄合のたてものが増えている、

そして住民同士のコミュニケーションや地域のコミュニティーも

少なくなっているので、こういったスペースはとっても有効そうです。

そしてイギリスといえばなんといってもイングリッシュガーデンですものね!

100種類もの野草やお花が植えられています

100種類もの野草やお花が植えられています

こちらはファーミングです。

お野菜がさいばいされて、住民間でシェアしあうそうです。

さきの記事にもあったように、子どもがこれを収穫するのを楽しみにしているそうです。

サウスバンクのセンタービルです ケールやポテト、マッシュルー、キャベツムなども栽培されているそうです

サウスバンクのセンタービルです ケールやポテト、マッシュルー、キャベツムなども栽培されているそうです

でも高層マンションは日本の東京のほうがずっと多いと思います。

ただ、気候的には今の季節これができるのは、イギリスならではです。

日本でやったら、植物がかれてしまうかもしれません。

ちょうど程よい日光の量や、気温、それからビルもにほんほど高層では

なく、せいぜい10階以下の数階建てが多いのもいいのかもしれません。

イギリスのビルガーデニングです。

ロンドン最大のガーデンビル

ロンドン最大のガーデンビル

ちょっとカフェブレイクにもよさげです。

夕暮れ

夕暮れ

バックにはロンドンアイ

バックにはロンドンアイ

やっぱり緑はイギリスの街によく合います。

短い夏もそろそろ終わりを告げるのでしょうか。

関連記事

カテゴリー

return top