続編 World leaders at WW1 centenary events

08047

BBC http://www.bbc.co.uk/news/uk-28632223

前記事の続編として、大戦のメモリアルに参加された政治家、ロイヤルファミリーです。

この度のコモンェルスゲームなどのイベントと同時に多くの記念イベントに出席しています。

日本でもそういう時期ですが、どこなく戦争にたいするメモリアルイベントが華やかさを

感じます。

日本の終戦イベントはどちらかというと寂しげでいて、痛ましい感がありますが、

こちらのイベントはもう少し華やかなイメージがあります。

Royals and world leaders have gathered for ceremonies marking 100 years since Britain
joined World War One.
The Prince of Wales and David Cameron are at a Glasgow service, while the Duke and Duchess of Cambridge are in Belgium with many heads of state.
The day concludes with a “lights out” event around the UK and a candle-lit vigil at Westminster Abbey.
The public can join the switch-off ending at 23:00 – the time Britain declared war on Germany in 1914.
About 17 million soldiers and civilians were killed between 1914 and 1918.

一つ大きな違いは、国民一人ひとりがこの日をとても大切にしていて、

取り上げられ方が、大きいということです。

私もBBCニュースのページを見ていて、特に戦争のメモリアルデイでなくとも

戦争に関する記事は日常的に目にします。

その辺の価値観の違いのようなものはこちらに来てヒシヒシと感じます。

日本のように、”戦争は、、、、”というものではなく、戦争についていろいろ考えてみてください、

どう思いますか。と投げかけられているようです。

多分、教育の中でそういった戦争にたいする自分の思いや考えを持つことの

重要性が強調されていたので、日本人のように戦争って?という、

あたかも遠い昔の神話のように他人事感ではなく、きちんと一人一人の

心に根付いているのだとおもいます。

08048

Prince Charles arrived at Glasgow Cathedral earlier for a service of commemoration

08049

Britain’s entry into WW1 was announced at 23:00 on 4 August 1914

080410

A major ceremony is being held in Liege, Belgium

080411

David Cameron said “almost every family” in Britain was affected by WW1

080412

The Duke and Duchess of Cambridge sat with French President Francois Hollande in Liege

080413

Ceramic poppies will be placed around the Tower of London throughout the summer, until there are 888,246

080414

More than two million soldiers fighting for the British army were reported as wounded during WW1

関連記事

カテゴリー

return top