イギリスのウソホント? 

●イギリスの正式名称は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国
(個性の異なる4つの国・地域 イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドから構成される)
●バーやパブで酔っ払ってはいけないという法律がある
●バス乗車の際、バス停のアナウンスがないので要注意
●熱があるときには、寒いにもかかわらず窓全開!体を冷やすことがいいとされる。
●食材は、大型スーパーで纏め買いする家が多く、夕飯は冷凍ものが多い
●イギリスで最もおいしい料理としてしばしば「イングリッシュブレックファスト」朝食が挙げられるが、実際の家庭ではこのフルブレックファストを食べる家庭は殆どない。
●紅茶の国だが、アイスティーがない!
●1997年まで香港がイギリスの植民地だったことから、中華系の人も多く、中華料理はとても美味しい。また、インド系移民の人たちも多くインド料理が最高に美味しい。
●マナーをとても重視している。人とぶつかったときはSorry、混雑したところを通るときはExcuse me、目があったら笑顔など
●鼻をすする音を嫌う。鼻水が出たときは、しっかりかむようにすること。
●麺類を食べる時音を立てるのはタブー。イギリス人はスパゲティーもすすらず切って食べる人が多い。
●食事の味付けが薄いまたは全く味がない。テーブルにおいてある塩コショウや、お酢(ビネガー)等で各自味付けをすることが普通。
●イギリスは食べるマナーもとても重視する。音を立てて食べない。フォークやナイフの使い方、姿勢などはしっかり学んでおくこと!
●感情を表に出すことは、あまりいいことではないとされている
●公衆の面前での大声は嫌われる
●イギリス人は傘をささない
●イギリス人は湯船につからない、毎日シャワーを浴びない人も多い
●給湯システム事情により、使いすぎるとお湯が途中で切れてしまう。(この場合、次のお湯がタンクにたまるまで長時間待つ必要がある)ホームステイなどでは、家族皆でお湯を使うので気をつけること。
●シャワーの水圧がびっくりするくらい弱いことがある。お風呂もシャワーも大好きな日本人にはちょっと辛いかも。
●イギリスは水が貴重。各家庭でルールがあるので、要確認。お水を大切に。
●イギリスのお水道水にはたくさん石灰が含まれている。そのまま飲まない方がいい。
●食器を洗って泡をすすがない家庭が多い
●イギリス人は数字の計算が不得意(小さいころから計算機を使用!中学以降の数学では全て計算機を使用するため、レジのおつりを頭で計算することができない人が多い)
●ユーモア好き、皮肉なジョークも好き。うまいジョークがいえるかどうかはとても重要!
●文句も多い。
●近所のうわさ話が好き
●仲良くなるまでは、他人との間に距離を置く
●レディーファースト!の考えが浸透している
●天気が悪い(曇りの日、霧がかった日が多い)がまたそれも味がある
●歩行者は信号を守らない
●コンビ二がない
●レストランでは、テーブルでお金を支払う。パブではカウンターで飲みたいものを頼んで支払う
●高い山がない(スキーなどをする場合は、皆フランスやスイス、イタリアにでかける)
●野球ではなく、クリケットが代表的なスポーツとして知られている
●クリスマスカード=日本の年賀状!あらゆる人と交換します。
●クリスマスにはお店が殆どしまってしまう
●パブで飲んだり、クラブで飲んだり踊ったりすることが大好き
●お店がしまるのが早い!また週末お休みのお店も多い
●イギリスは地震がなく、古くからの美しい伝統的な建物が多い
●英語発祥の国!!!世界的には英語を公用語としている国は殆どイギリス式を基本としている。英語を公用語としていない国での外国語としての英語は、アメリカ英語の影響が強くなりつつある。
●イギリスの方言、訛り。
スコットランド、アイルランド、ウェールズはケルト系のため訛りに共通点が多い。
ロンドンおよび南東部で話されている英語が世間で言われている英国英語のイメージに近い。その中でもコックニー(ロンドンの労働者階級英語)、容認発音RP(上流階級の人たちが話す英語)、河口域英語(テムズ川河口域)の3つに分類される
●天気の話題が好き、または天気の話題から会話をスタートさせることが多い
●テレビやドラマを見るのがすき
●社会階級がしっかりとわかれている。上流、中流、庶民など。

関連記事

カテゴリー

return top