イギリスの民謡

cla091114_01

クリスマスソングとしてもおなじみ
クリスマスキャロル『What Child Is This/ 御使いうたいて(みつかいうたいて)』は、グリーンスリーブスのメロディーで歌われるクリスマスソング。

このクリスマスキャロルの歌詞は、1865年頃にイギリスの詩人ウィリアム・チャタトンディックス(William Chatterton Dix/1837-1898)が発表した詩集『The Manger Throne』の中の詩があてられている。

なぜイングランド民謡『グリーンスリーブス』のメロディーで歌われ始めたのか明らかではないが、一説によると、編曲者のJohn Stainer (1840-1901)ではないかと推測されているようだ。

『グリーンスリーブス幻想曲』としてオーケストラに
グリーンスリーヴス幻想曲~ヴォーン・ウィリアムズ:作品集
グリーンスリーヴス幻想曲~ヴォーン・ウィリアムズ:作品集
イギリスの作曲家ヴォーン・ウィリアムズは、イングランド民謡『グリーンスリーヴス』に基づく小管弦楽のための小品『グリーンスリーブス幻想曲』を作曲した。

『グリーンスリーブス幻想曲』は、当初はヴォーン・ウィリアムズによる1928年のオペラ『恋するサー・ジョン(Sir John in Love)』の第3幕の間奏曲として用いられた。

その後、この間奏曲をラルフ・グリーヴズ(Ralph Greaves)が編曲し、独立させた作品が『グリーンスリーヴスによる幻想曲』である。1934年9月にロンドンで初演され、ヴォーン・ウィリアムズ自身の指揮で行われた。

関連記事

カテゴリー

return top