イギリスの民謡

victoria02

グリーンスリーブス Greensleeves
イングランド民謡/もう一度ここに来て 私を愛してください

ヴィクトリア女王
『グリーンスリーブス(グリーンスリーヴス/Greensleeves)』は、エリザベス朝時代(16世紀後半頃)によく歌われてたイングランドの最も古い民謡。

シェイクスピアの劇中でも言及され、1962年のアメリカ映画「西部開拓史」の挿入歌となったほか、ビートルズ『愛こそはすべて』のエンディングでも一部引用されている。

ヘンリ8世を揶揄していた?!
「グリーンスリーブス」とは、ある女性の名前として用いられているようだ。中世・ルネッサンス期では、「緑」には「不倫」の意味があり、当時のヘンリ8世による女性遍歴を揶揄(やゆ)した曲であるとの解釈もなされている。

関連記事

カテゴリー

return top