イギリスの歴史 ウエールズ

250px-Flag_of_Wales_2.svg

イギリスにはウェールズがあります。

ウェールズは、はケルト系の分裂した小国家が13世紀まで存続していました。

これらの国家群は他との政治的関係から一時はイングランドと結んで他の国家群と対決したり、あるいはウェールズで団結してイングランドに対抗するということを繰り返していました。

このような状況で1280年頃にルウェリン・アプ・グリフィズがウェールズに政治的な統一をもたらそうと試みました。

彼はウェールズの第一人者としてプリンス・オブ・ウェールズ(ウェールズ大公)を名乗りました。

しかし、イングランドのエドワード1世に攻め込まれ敗死しました。

グリフィスを屈服させたエドワードは身重の王妃をウェールズに呼び寄せてここで息子エドワードを出産させました。

王はウェールズ生まれの王子にウェールズの支配者たる「プリンス・オブ・ウェールズ」の称号を与えました。

これは現在に至るまで英王室次期王位継承者の称号として存続しています。

このようにしてウェールズはイングランドの政治的支配下に入ることになりました。

文化的なアイデンティティーはその後も存続し現在まで引き継がれています。

 

関連記事

カテゴリー

return top