イギリスの神話 海賊 黒ひげ

8aa7eed7e531daeda3955ba8cffd8d9a

イギリスに語り継がれている神話として海賊くろひげがあります。

ヨーロッパ、イギリス、アメリカ合衆国の歴史上の海賊で、伝説・物語的に語られる人物です
出生ははっきりしていないがイギリスのブリストル生まれで名前はティーチ、タッシュ、サッチなど12回変えています。

戦争中に私掠船の甲板員としてジャマイカにわたった。 1716年頃、 海賊ホニゴールドのブリガンティン「レンジャー号」に乗り組み海賊稼業を開始した。 その有能さと勇気に、ホニゴールドから70人の乗組員と6門の大砲を積んだスループ船の船長 にされました。
2隻でキューバ沖からアメリカ沿岸まで機会を見つけて船を襲った。 ヴァージニアの海岸で船の整備(船体の貝や虫をこそげ落とす獣脂を塗る修復する)をし、 再び西インド諸島に行きました。

Image result for イギリスの神話 海賊 黒ひげ

セント・ヴィンセント沖でアフリカからマルティニクへおもむく途中の奴隷船を拿捕し、 奴隷、砂金、金塊銀塊、延べ板、宝石など得ました。
ホニゴールドは ティーチの功績に報い獲物の船を与えた。大きなオランダ製の船、 頑丈で武装も整っていた アン女王の復讐の船クイーン・アンズ・リヴェンジ号と名づけました。

 

彼は18ヶ月間ヴァージニアからホンジュラスの海域を荒らしまくった 少なくとも20隻は拿捕したそうです。
何隻かは船隊に加え船隊は大きくなっていきました。

カリブ海の海賊の中でも最も恐れられた彼はまさに「ザ・海賊」といえる存在で

現代の人々が海賊に対して持っているイメージの多くは彼の伝説から来ているのかもしれない。

「悪魔の落とし子」の異名を持ち、その名を聞いた誰もが震えあがるほどの大悪党だったティーチは周囲を圧倒するほどの大男で、戦いの際は短剣や銃を体中に仕込み、顔中を覆ったトレードマークの黒髭には硫黄を染みこませた大麻を結い込み、そこに火を灯していた。

前述のチャールズ・ジョンソンは著書の英国海賊史で

「どんなに想像力を働かせても、あれより恐ろしい地獄の怒りの姿を思い浮かべる事は出来ない」

と書いている。

ティーチは1710年頃、船乗りの活動を始めるが、私掠船の甲板員としてジャマイカに渡ったとき、そこで海賊ベンジャミン・ホニゴールドの子分となって海賊となります。

そして、みるみるうちに頭角を現し手当たり次第に獲物を襲っていきました。

あるとき、巨大なフランスのラ・コンコルドという奴隷船の拿捕に成功したが、その船には奴隷のみならず金銀宝石がうなるほど船倉から出てきたのでティーチのボス、ホニゴールドは大いに喜び、この船を褒美としてティーチに与えました。

 

 

関連記事

カテゴリー

return top