チャールズ・ロバート・ダーウィン

ダウンロード (1)

イギリス人の著名人シリーズです。

チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin ([tʃɑrlz 'dɑː.wɪn]), 1809年2月12日 – 1882年4月19日)は、イギリスの自然科学者です。

「チャールズ・ロバート・ダーウィン」の画像検索結果

裕福な医師で投資家だった父ロバート・ダーウィンと母スザンナの間に、次男として、イングランドのシュルーズベリーで生まれました。

子供のころから博物学的趣味を好み、8才の時には植物、貝殻、鉱物の収集を行っていました。
大学を卒業後、1831年から5年にわたり、海軍の測量船ビーグル号に乗って、南米大陸や南太平洋の諸島をまわって、地質や動植物の研究をしました。
この研究で、動植物は進化するという確信のもとに研究をすすめ、1858年に「進化論」の学説を発表、翌年には「種の起源」を刊行しました。
生物は下等なものから高等なものへと進化して、弱いものは滅び、強いものが生き残るという生存競争説を説きました。

この説は、それまでの考え方を全く新しくし、学界や社会に大きな影響を及ぼしました。
1882年に自宅で死去。卓越性が認められ、国葬に付されウェストミンスター寺院に埋葬されました。

卓越した地質学者・生物学者で、種の形成理論を構築しました。

全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにしました。

「チャールズ・ロバート・ダーウィン」の画像検索結果

進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられた一方で、自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは1930年代であり、自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つであると述べました。

また彼の科学的な発見は修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤をなしているということも主張しました。

進化論の提唱の功績から今日では生物学者と一般的に見なされる傾向にあるが、自身は存命中に地質学者を名乗っており、現代の学会でも地質学者であるという認識が確立しました。

 

関連記事

カテゴリー

return top