Chipping Camden

yjimage

チッピング・カムデン (Chipping Camden)は、イングランド・グロスターシャー州

のコッツウォルズにある小さなマーケット・タウンです。

ハイストリートには14世紀から17世紀のエレガントなテラスのある建物が未だに保存されています。

その美しさから毎年多くの観光客を集めています。

Chipping CampdenHighSt.jpg

中世には羊毛取引の中心地として栄えたチッピング・カムデンは、裕福な羊毛商人たちの支

援を受けて大いに栄えました。

最近はパブやホテル、レストランで、コッツウォルズ観光の人気の町になっている。 ハイストリートには、コ

ッツウォルズストーンの名で知られるこの地方の特産の蜂蜜色の石灰岩で造られた建物が並んでいます。

素晴らしいこの土地特有の建物が売りである。この通りの中程に立つのが、1627年に建てられた豪華なマーケットホールである。

1627年に建てられた古いマーケットホールです。
その他の観光のポイントとしては、およそ1,500年頃のものとされる中世の祭壇や1

,400年頃の司祭の祭服(コープ)のあるセント・ジェームズ教会、地元の裕福

な羊毛商人だったサー・バプティスト・ヒックスと彼の家族の広大で贅沢な17世

紀のモニュメントでもあります。

教会の近くの裁判所の建物があります。

今日では近在の豊かなアーツ・アンド・クラフツ運動の輝かしい歴史を展示する博物館に鳴っています。

関連記事

カテゴリー

return top