works

yjimage (4)

先日の作家のお話の続きです。

そして代表的な作品といえばやはり日の名残りです。

「日の名残り」の画像検索結果

『日の名残り』(ひのなごり、The Remains of the Day)は、1989年刊行のカズオ・イシグロの小説としてのブッカー賞を受賞しました。

この作品は一人称視点によるバイアスを巧妙に利用した例としてしばしば取り上げられています。

 

The Remains of the Day (1989) is Kazuo Ishiguro’s third published novel. The work was awarded the Man Booker Prize for Fiction in 1989. A film adaptation of the novel, made in 1993 and starring Anthony Hopkins and Emma Thompson, was nominated for eight Academy Awards.

As in Ishiguro’s two previous novels, the story is told from a first person point of view. The narrator, Stevens, a butler, recalls his life in the form of a diary while the action progresses through the present. Much of the novel is concerned with Stevens’ professional and, above all, personal relationship with a former colleague, the housekeeper Miss Kenton.

語り手の執事スティーブンスの元主人は第二次世界大戦前における対独融和主義者でした。

スティーブンスはその点を意図的に女中頭のミス・ケントンとの淡いロマンスについても回想の中で理想化されています。

1993年にジェームズ・アイヴォリー監督で映画化された有名な作品です。

 

「日の名残り」の画像検索結果

関連記事

カテゴリー

return top