GCSE

4107

中学校最後の2年間(14歳から16歳)に、ほとんどのイギリスの生徒は以下の資格のいずれかを取得します。

GCSE: GCSE は、イングランド、ウェールズ、北アイルランドで、14歳から16歳のほとんどの生徒が取得す

 

る学業資格です。この年齢の生徒の間でもっとも一般的な資格です。

インターナショナルGCSEはGCSEに類似した資格で、海外の生徒の間で広く受験されています。

IBミドル・イヤーズ・プログラム: 国際バカロレア(IB)が取得できるイギリスの学校が増えて

います。通常、2年間のIBプログラムの準備として、外国語、人文学、科学、数学、芸術、体育、テク

ノロジーを勉強します。

スタンダード・グレードとインターミディエイト(スコットランドの資格): スタンダード・グレード

は、一般に中学校の3年目から4年目の2年間にわたって勉強し、4年目の終わりに試験を受けます。クレ

ジット、ジェネラル、ファウンデーションの3つのレベルがあります。試験は通常、クレジットと

ジェネラルまたはジェネラルとファウンデーションの2つのレベルを受けます。インターミディエイト

1と2は、スタンダード・グレードのジェネラルまたはファウンデーション・レベルに合格した生徒や、学

校・カレッジで新しい科目を勉強したい生徒を対象にしています。

これらの資格は、通常試験と普段の勉強の両方で評価されます。生徒は複数の科目を選んで勉強します。

例えばGCSEでは数学、英文学、英語学、物理学、化学、生物学を含む7科目から10科目を勉強します。幅広い科目で基礎を身につけ、進学や就職の準備ができるようにするためです。

 

関連記事

カテゴリー

return top