Education

100px-County_Clare_Crest.svg

さてイギリスの学校についてのお話です。

イギリスの学校は、16歳までの子どもは家庭または学校で教育を受けなければなりません。

公立学校は、イギリスでは5歳から16歳までのすべての子どもは無料で公立の学校

で勉強する権利があります。

ほとんどの子どもが公立学校に通っています。

公立学校は、英国政府か地方の教育委員会から資金を得て維持されています。

私立学校は、プライベート・スクールまたはパブリック・スクールとも呼ばれています。

イギリスには2,600の私立学校があり、約62万5千人(イギリスで学校に通う全生徒の6.5%)が勉強「しています。ほとんどの私立学校が授業料で運営されています。また、多くが奨学金や補助金を提供しています。非営利の学校が多く、

利益は学校改善のために還元されています。

ホーム・スクーリングもあります。

4歳から16歳までの子どものうち少数が、家で親や家庭教師による教育を受けています。ホー

ム・スクーリングに関する情報はイングランド, 北アイルランド, スコットランド 、 ウェールズそ

れぞれの政府のウェブサイトで調べることができます。また、 ホーム・スクーリングに関心のある

親をサポートするチャリティが運営するEducation Otherwiseもあるんです。

関連記事

カテゴリー

return top