Aromatherapy

yjimage (1)

イギリスでもアロマテラピーはとても人気があります。

というよりは、実はこちらの方がそもそもおおもとで、日本はイギリス式のアロマテラピーが輸出

されたという経緯があるようですね。

もともとイギリスでは、アロマテラピーは医師の行う医療行為として行われてはおらず、ホリスティックな

代替医療のひとつと捉えられています。

「イギリス アロ...」の画像検索結果

 

美容や心身のリラクゼーションを目的として一般に普及しています。

実はイギリスではアロマテラピーはとても長い歴史を持っています。

イギリスでは16世紀ごろから薬草を育てたり、学ぶことが盛んにおこなわれるようになってきました。

特に16世紀の薬草専門家として有名なターナーは薬用植物を熱性、冷性、乾性、湿性の度合いによって分類しました。

熱性と乾性は陽の力があり、冷性と湿性は陰の力に対応すると考えられていました。

熱性の度合いには四度あり、熱性一度という薬用植物は熱性 二度の植物ほど暖める作用が強くないという考え方です。

薬草医学はこのように様々な専門家らの研究により発展したのです。

中世の医療の様子は、ロンドンにあるThe Old Operating Theatre Museumに展示されており、18世紀~19世紀の医

療ではハーブが使われるようになりました。

そして症状に合わせて処方されるようになってきました。

それから医学は医学、薬学は薬学、美容は美容とそれぞれの分野に分かれ さらに発展するようになりました。

研究なども進められました。

1960年代と1970年代には、自然環境のバランス保持、有機栽培食品の摂取、合成製品に対抗し自然産物

を使用しようという考え方が活発になりました。

医療の分野においてもホリスティックな代替、補完的アプローチが根を下ろし始まりました。

 

1980年代では、ロバートティスランド氏とシャーリープライス女史がアロマテラピーの発展や、アロマテラピ

ー協会の設立にも貢献しました。彼らの講座は、数多くの助産師、ナース、理学療法士が受講し、1990年

代になると教育の水準も年々改善され、法規制なども出てきました。

アロマテラピーは、イギリスにおいて政府が公認したNOSの教育水準を有する、最初の補完療法となり

ました(1998年に認定)。教育内容では、精油の科学と、人体に対する影響の理解などが重要とされています。

現在の英国のアロマセラピストは、NHS(国民保健サービス)で働く人も増えていることから、アロマティ

ックメディシン、アロマトロジー等にも関心を持つ ようになってきており、通年を通して講座が開催されています。

1990年代半ば以降いくつかの病院は、看護師に、アロマテラピーの講座を受講する際 の資金援助も行うようになりました。

r5

関連記事

カテゴリー

return top