Dependent children

Scooter_and_bike_3571177185_201c87cb5e_z

先回に引き続き家族に関するお話です。

子どもは生後数カ月から親と離れて寝かされ、自立への訓練が始められます。

そして就職や大学入学期の18歳を迎えると、当然のように家を出て独立していきます。

調査対象の50代家庭では、進学する中学を子ども自身に選ばせたり、息子たちが12歳になる

と1日かけて好きなところへ遠出させています。彼らは子どもだけで行動することは勇気を養う

と考えています。また60代夫は「進路についてのアドバイスはしない。基本的には子どもの人生は子

どもにまかせ、親はそれを見守るにとどめるべき」と言います。イ

ギリスの親は子どもにあれこれ手を貸さず、自ら気づきを得るのを待つようです。

 

Dependent children
Dependent children are those living with their parent(s) and either (a) aged

under 16, or (b) aged 16 to 18 in full-time education, excluding children aged

16 to 18 who have a spouse, partner or child living in the household. T

here were 13.8 million dependent children living in families in the UK in 2015,

around 658,000 more than a decade earlier. This increase in dependent children is

associated with the higher number of births in the most recent decade (2004 to 2014)

compared with the previous decade.

The types of families in which dependent children live have changed significantly.

Figure 3 shows that the biggest change is for dependent children living in cohabiting

couple families. In 2005, 11% of dependent children lived in such families and this rose to

15% by 2015. Over the same period, the percentage of dependent children living in a

married couple family fell by 4 percentage points to 62% in 2015. The percentage

of dependent children living in lone parent families changed little over the decade; 23%

lived in lone parent families in 2015.

とくにこのグラフがしめすのは、大きな変化です。

それは独立していない子どもがいる同居の夫婦の変化です。

2005年には11%だったけれども、2015年には15%まで増加しています。

同じ年代をとおして、結婚している夫婦は2015年には4%して62%まで減少しました。

一人親世帯も23%へと減少しました。

関連記事

カテゴリー

return top