Healthcare in England

06111

先回の医療、保健に関する話の続きです。

イギリスの医療制度は地方分権制をとっています。

イングランド・北アイルランド・スコットランド・ウェールズに分かれています。

それぞれの地方において、自立した、privateな(民間の)財源によって営まれています。

医療やその財源がわかれて運営されています。

そのためそれぞれの医療システムを持っています。

地方によって医療政策や医療設備が異なっています。

それぞれの医療制度に違いをもたらしています。

中央政府の保健省は、3年ごとにNHSのフレームワークおよび予算を策定します。
各地方の公的医療機関は、イギリス国籍者に対して必要に応じて医療サービスを提供しています。

国家歳入により維持されています。

基本的に自己負担なしである歯科・処方薬などは有償となっています。
また各地方には民間医療機関も存在しています。

公的医療とほぼ同様の医療を提供しています。

プライベート医療では、主に民間医療保険の加入者を対象としています。

保険料は雇用主または加入者の負担です。

プライベート保険ではHIVなどへの適用範囲は限定されています。

人口のおおよそ12%はプライベート保険に加入しています。
地域ごとの医療の質の差を検証する取り組みが行われています。

2013年には医療のアウトカム向上のためのNHS Improving Quality (NHS IQ)が立ち上げられ

医療の質の向上を目指しています。

関連記事

カテゴリー

return top