Healthcare in the United Kingdom

british-300x197

意外とお話ししていなかったイギリスの医療や保険制度に関するお話です。

Healthcare in the United KingdomはNHSというnational healthcare service というイギリス

イギリスの医療システムで運営されており、単一支払者制度によるユニバーサルヘルスケアとなっています。

主に国民保健サービス(NHS)によって税金を原資とした公費負担医療として提供されています。

WHOは2000年に、英国の医療制度はヨーロッパにおいて15位、世界で18位とでています。

平均寿命は81.3歳(男性79歳,女性83歳,OECD平均では80歳)で、市民の74%が自己報告にて自

分は健康であるとしています。

保健支出全体に占める自己負担率は10%、またプライベート保険に3%となっています。
英国GDPに対する保健支出の比率は9.4%(2011年、OECD平均は9.3%)です。

世界保健機関が定めている医療政策の結果としての指標である妊産婦死亡率・乳幼児死亡率・成人死亡率

は時代の進行とともに減少ています。

日本と比較すると、比較的支出は低く、また国の制度のため均一的なサービス提供が特徴となっています。

 

 

分布図は次のような4つの政府機関ごとにわかれて運営されています。

関連記事

カテゴリー

return top