Investigation

images (1)

先日からのイギリス事件シリーズの続きです。

そして切り裂きジャックは1888年9月27日、切り裂きジャックを名乗

る手紙が新聞社セントラル・ニューズ・エイジェンシーに届きました。

Drawing of a blind-folded policeman with arms outstretched in the midst of a bunch of ragamuffin ruffians

9月25日付けの消印が押された “Dear Boss” (親愛なるボスへ)の書き出

しで始まるこの手紙の内容は、切り裂きジャックは売春婦を毛嫌いしており、

警察には決して捕まらない、犯行はまだまだ続くと予告する挑発的なものでした。

Image result for 切り裂きジャック

この件が新聞で伝えられると、切り裂きジャックを名乗る手紙が何百通も新聞社などに届きました。

そのほとんどがいたずらかメディアによる自作自演でした。

しかし、最初に届いたものを含む以下の3通は、偽物だとは断定できなかった。
1888年9月27日配達(消印25日)
セントラル・ニューズ社に届いた手紙。「切り裂きジャック」の署名がある最初のもの。
1888年10月1日配達(消印同日)
セントラル・ニューズ社に届いた葉書。「切り裂きジャック」の署名。
1888年10月16日配達(消印15日)
ホワイト・チャペル自警団代表ジョージ・ラスクに届いた小包もあります。

「切り裂きジャック」の署名はなく、「地獄より」の書き出しで始まっています。

アルコール保存された腎臓が同封されており、人間の女性のものでした。

医学生によるいたずらだという説もあります。

酒の飲みすぎによりブライト病に犯されたものだという主張をする法医学者もいました。

Image result for 切り裂きジャック

 

 

he canonical five Ripper victims are Mary Ann Nichols, Annie Chapman, Elizabeth Stride, Catherine Eddowes, and Mary Jane Kelly.

Nichols’ body was discovered at about 3:40 a.m. on Friday 31 August 1888 in Buck’s Row (now Durward Street), Whitechapel. The throat was severed by two cuts, and the lower part of the abdomen was partly ripped open by a deep, jagged wound. Several other incisions on the abdomen were caused by the same knife.

Image result for 切り裂きジャック

Chapman’s body was discovered at about 6 a.m. on Saturday 8 September 1888 near a doorway in the back yard of 29 Hanbury Street, Spitalfields. As in the case of Mary Ann Nichols, the throat was severed by two cuts. The abdomen was slashed entirely open, and it was later discovered that the uterus had been removed. At the inquest, one witness described seeing Chapman at about 5:30 a.m. with a dark-haired man of “shabby-genteel” appearance

関連記事

カテゴリー

return top