Murders

images

先日からのイギリス事件シリーズの続きです。

そして切り裂きジャックの犯行は夜です。

人目に付かない隔離されたような場所で行われます。

Victorian map of London marked with seven dots within a few streets of each other

週末・月末・もしくはそのすぐ後に実行されている点が共通しています。

これは相違点もあります。

キャサリン・エドウッズはただ一人、シティ・オブ・ロンドンで殺害されました。

Image result for 切り裂きジャック

メアリー・アン・ニコルズはただ一人、開けた通りで発見されました。

アーニー・チャップマンは他の被害者とは違い、夜明け後に殺害されたと見られています。

2件の殺人が犯された9月30日の早朝、アルフレッド・ロング巡査が犯行現場を捜索中でした。

ゴールストン通りで血の付いた布を発見しました。

後にこの布はキャサリン・エドウッズのエプロンの一部ということが分かりました。
その近くの壁には白いチョークで書かれた文書があった。

 

その文書は「The Jews are the men That Will not be Blamed for nothing.」もしくは

「The Jews are not The men That Will be Blamed for nothing.(ユダヤ人は理由も

なく責められる人たちなのではない)」というものであった。
この文を見たトーマス・アーノルド警視は、夜が明けて人々がそれを目にすることを恐れました。

彼はその文章が一般大衆の反ユダヤ主義的感情を煽るのではないかと思われました。

事実、メアリ・アン・ニコルズの殺害以降、ユダヤ人の犯行ではないかという噂がイ

ースト・エンドで流れていた。そのため、アーノルド警視はこの文書を消すように指示した。

The large number of attacks against women in the East End during this time adds uncertainty to how many victims were killed by the same person.[7] Eleven separate murders, stretching from 3 April 1888 to 13 February 1891, were included in a London Metropolitan Police Service investigation and were known collectively in the police docket as the “Whitechapel murders”.[8][9] Opinions vary as to whether these murders should be linked to the same culprit, but five of the eleven Whitechapel murders, known as the “canonical five”, are widely believed to be the work of Jack the Ripper.[10] Most experts point to deep throat slashes, abdominal and genital-area mutilation, removal of internal organs, and progressive facial mutilations as the distinctive features of the Ripper’s modus operandi.[11] The first two cases in the Whitechapel murders file, those of Emma Elizabeth Smith and Martha Tabram, are not included in the canonical five.

Image result for 切り裂きジャック

Smith was robbed and sexually assaulted in Osborn Street, Whitechapel, on 3 April 1888. A blun

t object was inserted into her vagina, rupturing her peritoneum. She developed peritonitis and died the following day at London Hospital.She said that she had been attacked by two or three men, one of whom was a teenager.

The attack was linked to the later murders by the press,

but most authors attribute it to gang violence unrelated to the Ripper case.

Tabram was killed on 7 August 1888; she had suffered 39 stab wounds. The savagery of the murder, the

lack of obvious motive, and the closeness of the location (George Yard, Whitechapel) and date to t

hose of the later Ripper murders led police to link them.

The attack differs from the canonical murders in that Tabram was stabbed rather than slashed at th

e throat and abdomen, and many experts today do not connect it with the later mur

ders because of the difference in the wound pattern.
この文章はスコットランドヤードの区域で見つかり、犯行場所はロンドン市警察の管轄内であったため、

2つの異なった警察部隊に分かたれることになりました。

特にロンドン市警察の警察官たちはアーノルドに反対であった。この文章は証拠かもしれず、せめて

その前に写真を撮るべきだと主張したがアーノルドは賛成せず、結局明け方に消されてしまいます。

 

関連記事

カテゴリー

return top