East End of London

ダウンロード

先日からのイギリス事件シリーズの続きです。

そして切り裂きジャックは、1888年8月31日から11月9日の約2ヶ月間にロンドンのイースト・エンドでおこりました。

ホワイトチャペルで少なくとも売春婦5人をバラバラにしました。

そして犯人の逮捕には至らりませんでした。

署名入りの犯行予告を新聞社に送りつけるなど、劇場型犯罪の元祖とされる。

当時の定義づけによる精神病患者から王室関係者まで、その正体については現在まで繰り返し論議

がなされています。

Image result for 切り裂きジャック

1世紀以上経った現在も犯人は不明です。

切り裂きジャックは売春婦を殺人の対象に選びました。

犯行は常に公共の場もしくはそれに近い場所で行われました。

被害者はメスのような鋭利な刃物で喉を掻き切られました。

Attacks ascribed to Jack the Ripper typically involved female prostitutes who lived and worked in the slums of the East End of London whose throats were cut prior to abdominal mutilations. The removal of internal organs from at least three of the victims led to proposals that their killer had some anatomical or surgical knowledge. Rumours that the murders were connected intensified in September and October 1888, and letters were received by media outlets and Scotland Yard from a writer or writers purporting to be the murderer. The “From Hell” letter received by George Lusk of the Whitechapel Vigilance Committee included half of a preserved human kidney, purportedly taken from one of the victims. The public came increasingly to believe in a single serial killer known as “Jack the Ripper”, mainly because of the extraordinarily brutal character of the murders, and because of media treatment of the events.

 

その後、特定の臓器を摘出されるなどした。そのような事実から解剖学的知識があるとされています。

Image result for 切り裂きジャック

ジャックの職業は医師だという説が有力視されています。

このような事件が起きていた間に、被害者の女性たちが警戒心もなく犯人を迎え入れていた形跡がありました。

実は女性による犯行とする説もあった。また、犯行は1年以上続いたという説もあります。

「ジャック」とはこの場合特定の人物の名前を示すわけではなく、日本でいう「名無しの権兵衛」のように英語圏

で呼び方の定まっていない男性を指す名前でもあります。

関連記事

カテゴリー

return top