Care service

_87979931_alone

そして福祉のお話の続きとして高齢者に関する福祉制度があります。

 

とくに在宅介護が最近は中心となっています。

要介護高齢者の生活の場としては、一般住宅が主となっています。

高齢者専用集合 住宅や施設ケア、老人病院・精神病院等も挙げられます。

ギリスの高齢者介護の特徴は、他国に比べて、施設ケア並びに公的な在宅ケアを 利用してい

る割合が少ないことです。

この背景としては、イギリスが、介護給付対 象を重度の要介護者に絞っているからです。

イギリスの在宅ケアの受給世帯数は全般的に減少傾向にあります。

しかしサービス受給総時間数は増えています。

受給者の重度化が進んでいることが影響しています。

民間事業者によるサービス受給は増加しています。

自治体のアセスメ ントによる判定で、軽度要介護者を対象から除外しています。

イギリスでの施設ケアから在宅ケアへのシフトが進んでいます。

在宅ケア をめぐっては、自治体間で受給資格や費用負担についての格差が大き

いことが問題点 となっています。

それは高齢者介護の費用補助は、ミーンズテスト(所得と財産保有の状 況等の調査)に基

づいて行われるからです。

費用の捻出のために自宅を売却しなければサービス が利用できないケースもあります。

住宅価格の上昇によって住宅を所有しない層 も出現しています。

老後の生活を保障できる社会的住宅の量的・質的な不十分さが問 題となっています。

資産としての住宅活用を前提にした高齢者介護政策があります。

関連記事

カテゴリー

return top