Higher tax system

12012

そして福祉のお話の続きとして高齢者に関する福祉制度があります。

高税金による充実した福祉となっています。


イギリスは福祉が充実している国として昔から知られていました。

それを可能としていたのは税金が高額であるからです。

それを福祉につぎ込んでいたことによります。

福祉のサービスを主に社会的な弱者が享受することができました。

しかし、高齢化が進んでしまうと財源がどうしても足りなくなりました。

税金により費用を出す以外の方法が検討されています。

イギリスはミーンズテストによって福祉サービスが提供されています。

これによって、主に経済力の無い人に優先的に公的財源が与えられています。

この制度だと国民全員が必要なケアを柔軟に受けることができなくなります。

これに代わる方法を用意することが課題となっています。ど

のような方でも等しくケアを受けられる環境が理想的です。

イギリスは住宅を大切にする傾向があるので、高齢者の中には老朽

化している家に住んでいる人が多いです。

 

「イギリスの高齢...」の画像検索結果

しかし、古い家の場合は高齢者が満足に生活できなくなります。

どこかで転倒してしまうだけでも、介護が必要となるような影響を受けてしまいます。

そのため、住宅環境を改善させるための取り組みが重要であると考えられています。

このようにイギリスには高齢化に対して様々な課題があります。それらに取り組んで一

定の成果を上げることができるかどうかが、これからのイギリスの高齢化社会への課題となります。

関連記事

カテゴリー

return top