Elderly care

download

そして福祉のお話の続きとして高齢者に関する福祉制度があります。

老後のための経済基盤がしっかりしています。
イギリスの高齢者の割合は16%程度なのでそれほど高齢化が進んでいるわけではありません。

しかし、これからは高齢化がゆるやかに進んでいくと予測されていています。

2050年には23%にまで達するとされています。

 

「イギリスの高齢...」の画像検索結果

少子化に関しては出生率が上昇する見込みがあるとされています。

それでも合計特殊出生率は2を超えることは無いと考えられています。

イギリスは公的年金の支給額があまり高くありません。

それを是正するための改革が行われています。

年金の繰下げ制度が設けられていています。

これを利用した方の年金支給額が増えるようになっています。

また、高齢者にできるだけ元気に働いてもらうための取り組みが実施されています。

老後のための経済的な基盤づくりをサポートしているのです。

年齢による理由で解雇することや採用や研修などの差別が法律によって禁止されています。

これによって、イギリスは高齢者の就業率がかなり高くなっています。

イギリスは保健医療が充実しています。

しかし、それによって医療費がかなりの額に達成しています。

基本的に税金によって保健医療を提供しているので、財源には限りがあります。

高齢化が進めばますます医療費は増えています。

財源を確保するための政策が待たれています。

介護に関しては今の制度のままでは財政が破綻してしまうと考えられていています。

費用が不足しています。費用を捻出するための対策が必要となっています。

関連記事

カテゴリー

return top