UK and the EU

imagesH4S91Q5I

EUのお話の続きです。

そしてEUとUKの繋がりについては次のようなことがあります。

David Cameron has promised a referendum on whether Britain should remain in the European Union by the end of 2017. Here is a summary of the key arguments for and against British membership.

Are there any viable options for Britain leaving the EU?

If Britain votes to leave the EU, it will have to negotiate a new trading relationship with what would now be a 27 member organisation, to allow British firms to sell goods and services to EU countries without being hit by excessive tariffs and other restrictions.

Better off out: Britain could negotiate an “amicable divorce”, but retain strong trading links with EU nations, say those campaigning for Britain’s exit.

There are several potential scenarios:
◾ The Norwegian model: Britain leaves the EU and joins the European Economic Area, giving it access to the single market, with the exception of some financial services, but freeing it from EU rules on agriculture, fisheries, justice and home affairs
◾ The Swiss model: Britain emulates Switzerland, which is not a member of the EU but negotiates trade treaties on a sector-by-sector basis
◾ The Turkish model: The UK could enter into a customs union with the EU, allowing access to the free market in manufactured goods but not financial services
◾The UK could seek to negotiate a comprehensive Free Trade Agreement with the EU, similar to the Swiss model but with better access for financial services and more say over how rules and standards are implemented
◾The UK could make a clean break with the EU, relying on its membership of the World Trade Organisation as a basis for trade

Better off in: An “amicable divorce” is a pipe dream, pro-EU campaigners argue. France, Germany and other leading EU nations would never allow Britain a “pick and mix” approach to the bloc’s rules. Norway and Switzerland have to abide by many EU rules without any influence over how they are formed and have to pay to access the single market. Negotiating a comprehensive free trade agreement could take years and have an uncertain outcome. And if Britain went for a completely clean break with the EU its exports would be subject to tariffs and would still have to meet EU production standards, harming the competitiveness of British business

デビッドキャメロンは、英国が2017年の年末までに欧州連合(EU)に残るべきかどうかの投票があります。

このため、英国の会員に対するキー引数をまとめたものであると約束しました。

イギリスはEUを残すための任意の実行可能なオプションはあるだろうかということが度々議論されてきました。

イギリスはEUを残すために投票した場合、それは今の英国企業が過度の関税やその他の制限に見舞われます。

EU諸国に商品やサービスを販売することを可能にするためです。

27会員組織であるものと新たな取引関係を交渉する必要があります。

アウトしたほうが良い:イギリスは「友好的な離婚」を交渉するが、EU諸国との強い取

引のリンクを保持することができ、英国の出口のための運動を展開したものを言います。

いくつかの潜在的なシナリオがあります。

ノルウェーモデル:イギリスはEUを離れ、欧州経済領域に参加し、いくつかの金融サービス

を除いて、単一市場にそれにアクセスすることが、農業、漁業、正義と内務に関するEU規則からそれを解放しました。

スイスモデル:イギリスはEUのメンバーではないスイスをエミュレートするが、セクタ単位での貿易条約を交渉しました。

トルコモデル:英国は工業製品で自由市場へのアクセスが、金融ではない​​サービスを可能にすること、EUとの関税

同盟に入る可能性があります。

◾イギリスは、EUとの包括的な自由貿易協定の交渉を求めてスイスのモデルに似ていますが、金融サ

ービスのためのより良いアクセスと複数のルールや基準が実装されている方法を介して言うことができます。

イギリスは、貿易のための基礎として、世界貿易機関の加盟に頼って、EUとの決別を作ることができます

オフベター:「友好的な離婚は「パイプの夢である、プロEUの活動家は主張しています。

フランス、ドイツ、他の主要なEU諸国は、英国圏のルールに「ピックアンドミックス」アプローチです。

決して許さないだろう。ノルウェーとスイスは、彼らがどのように形成されるかにわたって影響を受ける

ことなく、多くのEU規則を遵守します。

そして単一市場にアクセスするために支払うことを持っている必要があります。

加盟後は、包括的な自由貿易協定の交渉できるようになります。

イギリスはEUと完全に決別するために行った場合、その輸出は関税の対象となり、まだ英国のビジネスの

競争力を害し、EUの生産基準を満たさなければならないでしょう。

このようにイギリスにとっては、経済的に独立をはかることにメリットをみています。

関連記事

カテゴリー

return top