Money

CIMG3852

EUのお話の続きです。

そして予算の使い方に関するお話です。

How does the EU spend its money?

The EEC started out as a trading bloc – with free movement of goods and services within the Common Market – now its interests include reducing regional inequalities, preserving the environment, promoting human rights and investing in education and research.

The EU is Britain’s biggest trading partner. British citizens are free to work in any EU country and EU funding is spent on supporting farmers, boosting jobs in the UK, redeveloping rundown areas, and grants for university research. The EU has contributed to cheaper travel by challenging monopolies and boosting competition. It has reduced the cost of mobile data roaming and set water quality standards in Europe.

But giving subsidies to farmers led to over-supply of some crops and so the EU was forced to rethink its agriculture policy.Critics say the EU has taken too much power from the UK government, its regulations are costly to the British economy and without them, Britain would be able to sign other trade deals with growing economies like China and India. They also say that the EU wastes taxpayers’ money on excessive bureaucracy – citing MEPs monthly trips to Strasbourg which cost 180m euros (£136m).

EECは、貿易連合としてスタートしました。

– 共同市場内の商品やサービスの自由な移動です。

今、その利益は、地域格差を減らす環境保全、人権を促進し、教育・研究への投資が含まれます。

EUは、英国の最大の貿易相手国です。英国の市民は、任意のEU加盟国で仕事して自由です。

EUの資金がランダウンエリア、大学の研究のための助成金を再開発、英国で雇用を後押しています。

農家の支援に費やされています。

EUは独占に挑戦し、競争を昇圧して安く旅行に貢献してきました。

これは、モバイルデータローミングのコストを削減し、欧州で水質基準を設定しています。

しかし、農家に補助金を与えることは、いくつかの作物の供給過剰につながったのです。

EUは、その農業policy.Criticsを再考することを余儀なくされたEUは、英国政府からあまり

にも多くの電力を費やしました。

その規制が英国経済にし、それらなしで高価でした。

英国は中国やインドなどの経済成長と他の貿易協定に署名することができました。

180メートルユーロ(£136メートル)の費用がかかりストラスブールに毎月旅行のMEPを理由に

彼らはまた、過度の官僚主義に関するEUの廃棄物の納税者です。

関連記事

カテゴリー

return top