EU began

Flag_of_Europe_svg

意外としらないEUについてです。

実はイギリスは、EUについては微妙な関係にあります。

加盟国にありますが、ユーロ統一はされておらず、通貨や経済においては独立をしています。

ではEUっていったい何?ということですが、

欧州連合(おうしゅうれんごう)の正式名所です。

European Unionで略称ではEUとわれます。

欧州連合条約により設立されたヨーロッパの地域統合体です。

欧州連合では欧州連合条約の発効前に調印されていた単一欧州議定書によって市場統合が実現しました。

シェンゲン協定により域内での国境通過にかかる手続きなどの負担を大幅に削減したともいわれています。

さらに欧州連合条約発効後によって外交・安全保障分野と司法・内務分野での協力枠組みが新たに設けられました。

ユーロの導入による通貨統合が進められている。

このほかにも欧州議会の直接選挙が実施されたり、欧州連合基本権憲章が採択されたりするなどもあります。

そして欧州連合の市民権の概念が具現化されました。

加盟国数も欧州経済共同体設立を定めた欧州経済共同体設立発効時の6か国から、2013年7月のクロア

チア加盟により28か国にまで増えています。

How the EU began

The European Union grew out of a desire for peace in a war-torn and divided continent. Five years after World War II ended, France and Germany came up with a plan to ensure their two countries would never go to war against each other again. The result was a deal signed by six nations to pool their coal and steel resources in 1950.

Seven years later a treaty signed in Rome created the European Economic Community (EEC) – the foundations of today’s European Union. The UK was one of three new members to join in the first wave of expansion in 1973. Today the EU has 28 member states with a total population of more than 500 million.

EUの始まりは、欧州連合は、戦争で荒廃した分割大陸の平和のための欲求から生まれました。

第二次世界大戦が終わった5年後、フランスとドイツは両国が再び互いに戦争に行くことはないだ

ろう確実にするために計画を思い付きました。

その結果、1950年に彼らの石炭と鉄鋼リソースをプールするために6カ国が署名した契約でした。

今日の欧州連合の基礎 – 7年後ローマに署名した条約は、欧州経済共同体(EEC)を作成しました。

英国は5億人以上の総人口と1973年今日で展開の第一波でEU持つ28加盟国に参加するには、3つの新し

いメンバーとなりました。

関連記事

カテゴリー

return top