great change in prehistory

500px-Hadrian's_Wall_west_of_Housesteads_3

ストーンヘンジの謎に関するお話の続きです。

そして

夏至の日に、ヒール・ストは高さ6mの玄武岩と、中心にある祭壇石を結ぶ直線上に太陽が昇ります。

設計者には天文学の高い知識があったのではないかと考えられています。

「ストーンヘンジ」の画像検索結果

また、当時としては高度な技術が使われており、倒れないよう安定させるため石と石の間には凹凸があります。

遺跡の目的については、太陽崇拝の祭祀場、古代の天文台、ケルト民族のドルイド教徒の礼拝堂など、

さまざまな説が唱えられています。

The stone settings at Stonehenge were built at a time of “great change in prehistory,” says English Heritage, “just as new styles of ‘Beaker’ pottery and the knowledge of metalworking, together with a transition to the burial of individuals with grave goods, were arriving from Europe. From about 2400 BC, well furnished Beaker graves such as that of the Amesbury Arche are found nearby”

「ストーンヘンジ」の画像検索結果

• Roman pottery, stone, metal items and coins have been found during various excavations at Stonehenge. An English Heritage report in 2010 said that considerably fewer medieval artefacts have been discovered, which suggests the site was used more sporadically during the period

• Stonehenge has a long relationship with astronomers, the report explains. In 1720, Dr Halley used magnetic deviation and the position of the rising sun to estimate the age of Stonehenge. He concluded the date was 460 BC. And, in 1771, John Smith mused that the estimated total of 30 sarsen stones multiplied by 12 astrological signs equalled 360 days of the year, while the inner circle represented the lunar month

• The first mention of Stonehenge – or ‘Stanenges’ – appears in the archaeological study of Henry of Huntingdon in about AD 1130, and that of Geoffrey of Monmouth six years later. In 1200 and 1250 it appeared as ‘Stanhenge’ and ‘Stonhenge’; as ‘Stonheng’ in 1297, and ‘the stone hengles’ in 1470. It became known as ‘Stonehenge’ in 1610, says English Heritage

 

ストーンヘンジでの石の設定が一緒に副葬品を持つ個人の埋葬への移行で、ちょうど新しい「ビーカー」陶器のスタイルや金属加工の知識として「」、先史時代の大きな変化」英語遺産は言う、の時に建設されました、ヨーロッパから到着しました。約2400 BCからは、そのようなエームズベリーアルシュのものと整ったビーカー墓」が近くにあります

•ローマの土器、石、金属アイテムやコインはストーンヘンジでの様々な発掘調査中に発見されました。

2010年の英語遺産レポートでは、サイトが期間中に、より散発的に使用された示しています。

かなり少ない中世の遺物が発見されました。

•ストーンヘンジは、天文学者との長い関係を持って、報告書は説明しています。

1720年には、博士ハレーはストーンヘンジの年齢を推定するために磁気偏差と昇る太陽の位置

を使用します。彼は日付が紀元前460と結論づけました。

「ストーンヘンジ」の画像検索結果

そして、1771年、ジョン・スミスは、内側の円は太陰月表さながら12占星術の兆しを乗じた

30サルセン石を想定しました。360日に等しかったことを事もわかっています。

•ストーンヘンジの最初の言及 – または ‘Stanenges’ – についてのAD 1130でハン

ティンドンのヘンリーの考古学的研究に表示されています。

そして6年後モンマスのジェフリーとなりました。

1200年と1250年では、「Stanhenge」と「ストーンヘンジ」として記録されています。

1297年の「Stonheng」、および1470の「石hengles」としてそれは1610年の「ストーンヘンジ」と

して知られるようになりました。

「ストーンヘンジ」の画像検索結果

 

関連記事

カテゴリー

return top