Two types of stone

yjimage

ストーンヘンジの謎に関するお話の続きです。

そして

Two types of stone are used at Stonehenge: the larger sarsens, and the smaller bluestones. There are 83 stones in total

 

「ストーンヘンジ」の画像検索結果

• There were originally only two entrances to the enclosure, English Heritage explains – a wide one to the north east, and a smaller one on the southern side. Today there are many more gaps – this is mainly the result of later tracks that once crossed the monument

• A circle of 56 pits, known as the Aubrey Holes (named after John Aubrey, who identified them in 1666), sits inside the enclosure. Its purpose remains unknown, but some believe the pits once held stones or posts

石、2つのタイプのストーンヘンジで使用されています。

これはより大きなsarsens、小さいbluestonesがあります。

全部で83の石があります。

そしてもともと筐体に2つだけの入り口がありました、

イギリスの遺産は 北東に広く、および南側に小さいものが置かれます。

今日、より多くの違いがあります。

「ストーンヘンジ」の画像検索結果

これは、主に一度記念碑を越えた後のことです。

1666年にそれらを同定し、ジョンオーブリー、にちなんで命名)オーブリーホールとして知られている56ピットの円をしています。

囲いの内側に位置しています。その目的は不明であるが、一部にはピットが一度石や投稿を開催信じます

「ストーンヘンジ」の画像検索結果

直径約100mの円形に高さ4-5mの30個の立石(メンヒル)が配置されています。

この遺跡とその周辺は、30kmほど離れたエーヴベリーの遺跡群とあわせストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群

として1986年にユネスコの世界遺産に加えられました。

そして登録古代モニュメントとして法的に保護されています。

ストーンヘンジ自体は英国の国家遺産として保有・管理されている。周辺はナショナル・トラストが保有しています。

 

「ストーンヘンジ」の画像検索結果

 

関連記事

カテゴリー

return top