Leeds

Leeds Castle

Britain’s 8 most amazing castlesです!

Leeds Castleです!

「リーズ城」の画像検索結果

 

水堀の中にそびえ立つリーズ城は9百年以上の歴史を誇るケント州にある美しい城です。
リーズ城の魅力はその輝かしい歴史だけでありません。

500エーカーに及ぶ美しい草地、毎日開催されるイベント、一年中のアトラクションに惹きつけられ、

繰り返し訪れる人が絶えません。

「リーズ城」の画像検索結果

イギリス旅行の途中で、ロンドンから鉄道でたったの1時間の場所にある美しいカントリーサイドと

「世界で最も美しい城」として人気です。

Leeds Castle in Kent boasts an eventful history: constructed by a Norman baron during Henry I’s reign, the castle then came under the ownership of Edward I’s wife, Eleanor of Castile, in 1278. Over the next three centuries, the castle served as a residence for the royal family.

「リーズ城」の画像検索結果

The castle underwent some major changes during Henry VIII’s reign to turn the fortress into a palatial residence for Henry and his first wife, Catherine of Aragon. An inventory from 1532 notes that there were fireplaces decorated with Spanish symbols (reflecting Catherine’s nationality) alongside Henry’s royal arms. On his journey to northern France in 1520 to meet with Francis I at the Field of Cloth of Gold, Henry and Catherine, along with 5,000 nobles, servants and entertainers, stayed at Leeds Castle for an evening before continuing their journey.

In 1618 the St Leger family, who owned the castle, were required to sell it to Sir Richard Smythe, a wealthy family member, after they were faced with financial ruin from their association with Sir Walter Raleigh’s unsuccessful expedition to find gold in El-Dorado. Soon after this, the Smythes commissioned a Jacobean house to be built after destroying all of the north end buildings of the castle.

The castle suffered further damage in the 1660s when French and Dutch prisoners of war that were imprisoned there set fire to their quarters, destroying parts of the building.

「リーズ城」の画像検索結果

Large-scale improvements were made to Leeds Castle in the mid 18th century under the direction of the Fairfax family. It was also in this century that George III and Queen Charlotte paid the castle a visit in 1778. In preparation for the royal visit the owner, Robert Fairfax, refurbished the reception rooms at a large cost.

「リーズ城」の画像検索結果

 

ケント州のリーズ城が波乱に富んだ歴史を誇ります。

ヘンリー私の治世中ノーマン男爵によって構築されました。

城はその後、1278年から3つの世紀にもわたってエドワード私の妻、カスティーリャのエレノアの所有されました。

そして城は住居ともなっていました。

城はヘンリーと彼の最初の妻、アラゴンのキャサリンのための豪邸に要塞でした。

ヘンリー8世の治世の間にいくつかの大きな変化がありました。

1532からの在庫はヘンリーの王室の腕と一緒に(キャサリンの国籍を反映している)スペイ

ンのシンボルで飾られました。

暖炉がありました。

1520年にはゴールド、ヘンリーとキャサリンのでフランシスに会うために1フランス北部への旅したとき

5,000人の貴族や使用人、芸術家がリーズ城に滞在しました。

彼らはエル・ドラドで金を見つけるために旅立ちました。

サー・ウォルター・ローリーの失敗遠征のため金融破滅に直面していました。

1618年に城を所有していたセントレガー・ファミリは、、リチャード・スマイス、裕福な家族に

それを販売する必要がありました。

この後すぐ、Smythesは城の北の端の建物のすべてを破壊しました。

そこに投獄された戦争のフランスとオランダの捕虜が建物の一部を破壊し、自分の宿舎に火を設定すると、

城は、1660年代のさらなる被害を受けました。

 

大規模な改善はフェアファックスの家族の指示の下で18世紀半ばにはリーズ城に行われました。

それはジョージ三世と王妃シャーロットは、所有者、ロバート・フェアファックスは、大きなコストでレ

セプションルームを改装王室の訪問の準備のために1778年に城を訪問し、この世紀にもありました。

関連記事

カテゴリー

return top