Christmas books

a-christmas-carol

こんなにいろいろクリスマスの絵本があるんですね。

 

イギリス、あるいは世界人気クリスマスブックです。

A Christmas Carol

Ebeneezer Scrooge’s literary villainy may not rank as highly as the likes of Patrick American Psycho Bateman or Clockwork Orange’s Alex but remember – this is a man who actively despises Christmas! Luckily, a timely visit from the ghosts of past, present and future forces Scrooge to confront his more challenging personality traits in time for the festivities.

『クリスマス・キャロル』(原題:A Christmas Carol)は、英国の文豪ディケンズの中編小説です。

1843年に出版された「クリスマス・ブックス」の第1作としてしられています。
守銭奴のスクルージがクリスマス・イヴに超自然的な体験をし、それがもとで改心します。

原本扉

クリスマス・ストーリーの中では最も有名なものですね。

作品の主人公は、エベネーザ・スクルージという初老の商人で、冷酷無慈悲、エゴイスト、守銭奴、

人間の心の暖かみや愛情などとはまったく無縁の日々を送っている人物でした。

ロンドンの下町近くにスクルージ&マーレイ商会という事務所を構え、薄給で書記のボブ・クラチットを雇用しました。

冷酷で欲の深い欲張りな商売を続け、近所の人からも、取引相手の商人たちからも蛇蝎のごとく嫌われていました。

7年前の共同経営者であるジェイコブ・マーレイの葬儀においても、彼への布施を渋り、またまぶたの上に置かれた冥銭

を持ち去るほどでした。
明日はクリスマスという夜、事務所を閉めたあと自宅に戻ったスクルージは、7年前に亡くなったマーレイ老人の亡

霊の訪問を受けます。

マーレイの亡霊は、金銭欲や物欲に取り付かれた人間がいかに悲惨な運命となるか、生前の罪に比例して増えた鎖

にまみれた自分自身を例としてスクルージに諭し、スクルージが自分以上に悲惨な結末を回避し、新しい人生

へと生き方を変えるため、3人の精霊がこれから彼の前に出現すると伝えました。

3人の幽霊にあったスクルージは激しい衝撃に襲われます。

クリスマスの始まる夜明けと共に、彼が経験した悪夢のような未来が、まだ変えることができる可能性があ

ることを知りました。

彼はマーレイと3人の幽霊達に感謝と改心の誓いをし、クラチット家に御馳走を贈り、寄付を再会した紳士達に申し

出、フレッドの夕食会に出向きました。

そしてその翌日、クラチットの雇用を見直すとともに彼の家族への援助を決意しました。

のちにスクルージは、病気も治ったティムの第二の父とも呼べる程の存在となり、「ロンドンで一番クリスマスの楽しみ方を知っている人」と言われるようになるのだった。

関連記事

カテゴリー

return top