the Middle Ages secret

article-2067672-0EFCD4A100000578-305_233x388

中世の歴史きなお話です.

意外としられていないこんなトリビなはなし

 

It is one of the most fascinating periods in history, popularised by Magna Carta, the Black Death, and the Hundred Years War.

But how much do you really know about the Middle Ages? Here, kicking off our medieval week, John H Arnold, professor of medieval history at Birkbeck,

University of London, reveals 10 things about the period that might surprise you…

In fact, you almost certainly didn’t get married in church: those who wanted their marriage ‘solemnised’ would usually do so at the gate to the churchyard.

But in any case, couples didn’t need a church, or a priest, or the banns being read, or any other religious paraphernalia.

実は中世の時代は教会は結婚式はありませんでした

 

The church certainly wanted people to do these things: since around the 12th century it had started to argue that marriage was a formal sacrament

(that is, that it involved God enacting a change within the world). But in practice, and in law, people got married by declaring clearly that they wanted to marry each other.

There had to be consent, and ideally there should be witnesses (in case either party later had a change of mind). But you could marry very simply.

中世を通じて、婚姻の管理は宗教的権威の任務と考えられて いました。

教会は、婚姻のような宗教的意義をもつ行為は、教会の祝福が必要であると要求されました。

そこで結婚する本人たちは教会に集まり、そこで司祭の祝福を受けることが慣習となりました。

しかし婚姻締結そのものは当事者間の私的契約として残りました。

この婚姻の合意は、それに続く肉体的結合により秘跡にまで高められ、かくて婚姻は不解消のものとなりました。

これは1917年制定の教会法に基づき、今日もなおローマ・カトリック教会の法として定められています。

教会の扉のところで司祭の祝福を受ける慣習は、その後宗教的義務として確立されました。

その正式決定は、1215年の第4回ラテラノ公会議で発布されました。

しかしこの布告に対する違反は、教会からの懲戒と処罰をもたらしただけで、婚姻そのものを無効にするものではなかたったのです。

関連記事

カテゴリー

return top