Guy Fawkes Day

yjimage (1)

11月といえばガイフォークス・デーがあります。

英国では、花火が行われるイベントとして有名です。

今ではイギリスの冬の風物詩となっています。

このイベントは、1605年11月5日に起こった事件にちなんで毎年おこなわれているものです。

火薬陰謀事件は、1605年にイングランドで発覚した政府転覆未遂事件です。

イングランド国教会優遇政策の下で弾圧されていたカトリック教徒のうちの過激派によっ

て計画されたものであるとされてきました。

首謀者はロバート・ケイツビー、実行責任者はガイ・フォークス。上院議場の地下に仕掛け

た大量の火薬 で1605年11月5日の開院式に出席する国王ジェームズ1世らを爆殺する陰謀

を企てました。

実行直前に露見して失敗に終わりました。

 

この爆破計画は事前に発覚して、火薬の点火係として地下室に潜んでいた

ガイ・フォークス(Guy Fawkes)がその場で逮捕され終結しました。

この国会議事堂テロの発覚を記念するのが、11月5日のガイフォークス・デーとなりました。

ガイドブックなどに「ガイフォークスに見立てた人形を町中引き回して、巨大な焚き火の上に

吊って焼く」って書いてありますが、私はそんなの見たことありません。普通の花火大会だけしか知りません。

うちの隣のサッカー・グランドでは、毎年11月第1金曜の夜に花火大会があります。

 

関連記事

カテゴリー

return top