Isaac Newton, Elizabeth I

10152

(前記事より続き)

Greart Brisonsの続きです。

アイザック・ニュートンは、イングランドの物理学者、数学者、自然哲学者です。
主な業績としてニュートン力学の確立や微積分法の発見があります。

アイザック・ニュートンは1642年にウールスソープ=バイ=カールスターワースで生まれました。

同名のアイザック・ニュートンを父ハナ・アスキュー母です。

生まれた時父親はすでに他界していました。

万有引力の発見にまつわる、ぼけーっとリンゴの木を見ていたとき、リンゴの実が落ちたことから引力についてのインスピレーションが湧いたという逸話があります。

ニュートンはリンゴの実が落ちることと、月が地球のまわりを回っていることは、本質的には同じ現象であることを見抜きました。

そして忘れてはならないのがエリザベス1世です。

Darnley stage 3.jpg

エリザベス1世は、ヘンリー8世の王女として生まれました。

2年半後に母アン・ブーリンが処刑されました。

弟のエドワード6世はジェーン・グレイへの王位継承に際して姉たちの王位継承権を無効となりました。

続くカトリックのメアリー1世の治世ではエリザベスはプロテスタントの反乱を計画したと疑われて1年

近く投獄されたものの、1558年にメアリー1世が死去すると王位を継承しました。

エリザベスはウィリアム・セシルをはじめとする有能な顧問団を得て統治を開始しました。

最初の仕事として、父の政策を踏襲し「国王至上法」を発令し、「礼拝統一法」 (en) によって

イングランド国教会を国家の主柱となりました。


エリザベスは結婚することを期待され、議会や廷臣たちに懇願されたが、結婚しませんでした。

年を経るとともにエリザベスは処女であることで有名になり、当時の肖像画・演劇・文学によって称えられ崇拝されました。
統治においてエリザベスは父や弟、姉よりも穏健であったともいわれています。

エリザベスの治世は、ウィリアム・シェイクスピアやクリストファー・マーロウといった劇作家によるイギリス・ルネサンス演

劇や、フランシス・ドレークやジョン・ホーキンスなど優れた航海士の冒険者たちが活躍したエリザベス時代として知られています。
一部の歴史家たちはこういった評価には慎重です。彼らはエリザベスを運に恵まれた短気な、そしてしばしば優柔不断な

統治者と捉えています。


エリザベスは政府が弱体で、王権が限定された時代、また近隣諸国の王家ではその王座を脅かす国内問題に直面していた時代におけ

るカリスマ的な実行者、そして粘り強いサバイバーとして知られる。弟と姉の短期間の治世を経た彼女の44年間の在位は、王国に好

ましい安定をもたらし、国民意識を作り出すことになりました。

今なおイギリスではこの王女の人気はたえていません。

まだまだほかにもおおいですが、また時々お話していきたいと思います!

関連記事

カテゴリー

return top