Alice’s Adventures in Wonderland

image

不思議の国のアリスといえば、イギリスでは人気の児童文学です。

『不思議の国のアリス』は、イギリスの数学者チャールズ・ラトウィッジ・ドジソンがルイス・キャロルの筆名で書いた児童小説なんす。

1865年に出版されました。

幼い少女アリスが白ウサギを追いかけて不思議の国に迷い込み、しゃべる動物や動くトランプなどさまざまなキャラクターたちと出

会いながらその世界を冒険する物語です。

キャロルが知人の少女アリス・リデルのために即興でつくって聞かせた物語がもとになったそうです。

キャロルはこの物語を手書きの本にして彼女にプレゼントする傍ら、知人たちの好評に後押しされて出版に踏み切ったそうです。

1871年には続編として『鏡の国のアリス』が発表されているんですね。

Alice’s Adventures in Wonderland (commonly shortened to Alice in Wonderland) is an 1865 novel written by English author Charles Lutwidge Dodgson under the pseudonym Lewis Carroll. It tells of a girl named Alice falling through a rabbit hole into a fantasy world populated by peculiar, anthropomorphic creatures. The tale plays with logic, giving the story lasting popularity with adults as well as with children. It is considered to be one of the best examples of the literary nonsense genre.

Its narrative course and structure, characters and imagery have been enormously influential[3] in both popular culture and literature, especially in the fantasy genre.

そして、そのゆかりの地としてオックスフォードがあります。

作家ルイス・キャロルは、ここで幼少のアリス・リドルに出会い、『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を思い

ついたそうです。

物語はオックスフォード近郊のフォーリー橋から始まり、5マイル離れたゴッドストウ村で終わっています。

その間キャロルは少女たち、特にお気に入りであったアリスのために、「アリス」という名の少女の冒険物語を

即興で語って聞かせたそうです。

キャロルはそれまでにも彼女たちのために即興で話をつくって聞かせたことが何度かあったのですが、アリ

スはその日の話を特に気に入り、自分のために物語を書き留めておいてくれるようキャロルにせがみました。

キャロルはピクニックの翌日からその仕事に取り掛かり、8月にゴッドストウへ姉妹と出かけた際には物語の続きを語

って聞かせました。

この手書きによる作品『地下の国のアリス』が完成したのは1863年2月10日のことでした。

こうして生まれたのが、アリス作品なんです。

イギリスにとてもゆかりのある作品の一つです。

(次記事へ続く)

 

関連記事

カテゴリー

return top