Myths and Legends Loch Ness

yjimage (1)

(前記事より続き)

そしてやっぱりここまできたら楽しみたいのがたくさんのアトラクションデスが、やはりネス湖の不思議は知りたいですね!

実はこんな秘話があるんです!

Myths and Legends
Great Glen form above
A place filled with mystery and legend

The most famous mystery about Loch Ness surrounds the phenomenon of an enormous creature that is believed to live in the water – known universally as the Loch Ness Monster, or ‘Nessie’ as she’s affectionately known.

最も有名なネス湖の状況にかんする巨大な生物の存在(ネッシー!?)の秘話としては、ネス湖のモンスターあるいは、ネッシーとしてしられています。
The first recorded sighting of the monster was in 565 AD, when it was said to have snatched up and eaten a local farmer, before being forced back into the waters by St Columba.

なんとこの未確認生物が確認されたのは紀元前565年までさかのぼるそうです。

なんと地元の農民を食べたとか!?

 

Over the years, rumours spread far and wide about ‘strange events’ at Loch Ness. Some believe that ancient Scottish myths about water creatures, like Kelpies and the Each Uisge (meaning ‘water horse’), contributed to the notion of a creature living in the depths of Loch Ness.

数年物間にこの噂は広まって、スコットランドの神話として信じられていたそうです。

水妖馬とかアハ・イシカ(アハ・イシュケ)の妖精として考えられていたそうです。

ネス湖の深水に住んでいる生き物として認識されてています。

関連記事

カテゴリー

return top