Greart Brisons

10152

イギリス人ってこんな人シリーズの続編です。

Great Britons

さてこのなかでどれだけ偉人をしっているか?というお話です!

To be a Great Briton it is not enough to do something original and marvellous; it is essential that

ordinary Britons can understand it. Charles Darwin, for example, is Great because he pointed

チャールズ・ロバート・ダーウィンは、イギリスの自然科学者ですね。

地質学者、生物学者として知られていますが、種の形成理論を構築しました。
全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにしまして。

進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられましたが、自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは19

30年代になってまらでした。

 

out thai we are close relatives of more primitive life forms lower down the evolutionary chain

a truth evident to anyone who finds an old sofa or TV set dumped in their front garden’ Robin

Hood is Great because he brought tourism to Nottingham and Florence Nightingale because of

ロビン・フッド は、中世イングランドの伝説上の人物です。

歴史書にも名前が現われています。

1241年に没したともいわれていますが、確かではありません。

また実在を裏付けるような確かな資料もなく謎のおおいヒーローとして人気です。

ロビン・フッドというのは、あくまで何人かの人物にまつわる伝承が合わさって形成された可能性が高いとも言われています。

一部ではヘリワード・ザ・ウェイク がモデルとなったともわれています。13世紀イタリアのアウトロー的人物の影響も受けたようです。

er lamp. A minimum qualification for greatness is to have a distinguishing characteristic that enables

ordinary people to pick you out from the crowd: an unusual hat, a two-fingered salute, round

glasses or only one arm. 

In no way should foreigners feel debarred from seeking the status of Great Briton. It is a timehonoured

custom here for high-achievers from overseas to be redesignated as British, as long

asthey agree not to mention their origins, and to give all the credit for their triumphs to their

adoptive country.

Expressions to learn He shaped our island history and, indeed, the destiny of all mankind.

Avoid saying What’s so great about introducing tobacco and potatoes to Britain?

それ以外には、

ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチルもいますね。

Churchill HU 90973.jpg

サンドハースト王立陸軍士官学校で軽騎兵連隊に所属していました。

第二次キューバ独立戦争を観戦し、イギリス領インドでパシュトゥーン人反乱鎮圧戦、スーダン侵攻、第二次ボーア戦争に従軍しました。

1900年のイギリス総選挙にオールダム選挙区から保守党候補として初当選しました。

しかしジョゼフ・チェンバレンが保護貿易論を主張すると、自由貿易主義者として反発し保守党から自由党へ移籍しました。

ヘンリー・キャンベル=バナマン自由党政権が発足すると、植民地省政務次官としてイギリスに併合されたボーア人融和政策や中国人奴隷問題の処

理など英領南アフリカ問題に取り組みました。

アスキス内閣では通商大臣・内務大臣に就任し、ロイド・ジョージとともに急進派として失業保険制度など社会改良

政策に尽力したが暴動やストライキ運動に直面し社会主義への敵意を強めした。
そしてドイツとの建艦競争が激化する中、海軍大臣に就任。第一次世界大戦時には海軍大臣、軍需大臣として戦争を指導しました。

しかしアントワープ防衛やガリポリ上陸作戦で惨敗を喫し、辞任した。しかしロイド・ジョージ内閣で軍需大臣として再入閣しました。

戦後は戦争大臣と航空大臣に就任し、ロシア革命を阻止すべく反共産主義戦争を主導し、赤軍のポーランド侵攻は撃退しました。

だが、首相は干渉戦争を快く思わず、植民地大臣への転任を命じられ、イギリス委任統治領のイラクやパレスチナ政策、ユダヤ人のパレスチナ移

民を推し進めた。マクドナルド内閣に反社会主義の立場から自由党を離党し、保守党へ復党しました。

スタンリー・ボールドウィン内閣では財務大臣を務め、新興国アメリカや日本の勃興でイギリス貿易が弱体化する中、金本位制復帰

を行ったが失敗し、労働党政権となりました。

(次記事へ続く)

関連記事

カテゴリー

return top