Westonbirt, The Colours of Autumn

250px-Westonbirt_Arboretum_1_(1)

イギリスでもそろそろ秋が深まってきました。

こんな秋の紅葉の場所があるんです。

Westonbirt, The National Arboretum is managed by the Forestry Commission.

ウエストンバートは森林協会に管理されている樹木園です。

Westonbirt Arboretum is located near the historic market town of Tetbury in Gloucestershire,

England, and is perhaps the most important and widely known arboretum in the United Kingdom.

ウエストバート樹木園は、グロスターシャーの歴史的な市場都市のテッドベリーの近くに位置しています。

そして、イギリスではもっと重要でよく知られた樹木園です。

Planted in the heyday of Victorian plant hunting in the mid-19th century, today Westonbirt Arboretum is one of the

finest tree collections in the world, carefully laid out within a beautiful Grade One listed historic landscape.

大変に美しい秋の紅葉はこの樹木園を訪れるベストシーズンとなっています。

 

 

そしてコッツウォルズ南西の町Tetburyから約5km南に位置するので、観光スポットとして人気です。

このArborという言葉は、樹木のことですから 樹木をメインにした庭園や森林公園”という意味です。

240ヘクタールという広大な土地になんと約18000本の木々が植えられているんです!

巨大なモミやスギ,カシの木に混じって180種のエイサーも見どころです。

日本のカエデなどもあります。

少し日本の庭園風な雰囲気もありますね。

とくに10月〜11月が一番紅葉が色づく季節です。

そしてこの樹木園は、1829年に設立した歴史ある庭園です。

創始者が自宅の所領の土地に樹木を植えたことからはじまったそうです。

そして最終的に世界の様々な地域から珍しい植物が植えられたそうです。

シャクナゲやツツジなどもその時についかされたそうです。

1961年からは一般公開され、現在ではイギリスだけでなく、世界からも観光客がおとずれず人気のスポットとなっています。

 

Westonbirt Arboretum3

 

 

関連記事

カテゴリー

return top