Council

1003

(前記事より続き)
そして市議会の運営使用は 20%削減されました。

この財政投資はますます重要になりました。

経済的には 1,000 件の雇用効果がありました。

そしてスマートホームは市議会は現在、市民のエネルギー利用の削減を支援しています。

再生可能エネルギーへの転換を促す技術の新しい波に目を向けています。

それは住宅や配電網のスマート技術です。

そこで市議会は東芝とともに国際プロジェクトを立ち上げました。

新しい住居のエネルギー管理システム開発を目指しました。

一般の住居所有者を巻き込んで、エネルギーから交通、食べ物に至るまですべての分野で環境

に配慮できるようなプラットフォームを構築しました。

そしてスマートグリッドとしてさらに地域のエネルギー供給会社と組んで、太陽電気の配電網への

統合をテストしました。英国の配電網は、消費者に電気を供給する、大規模な主要発電
業者向けに構築されています。太陽光システムの大量配置は配電網に問題も生じさせるが、
住宅のエネルギー管理システムとの連携がなされれば、配電網の効率を高め、消費者行
動を改善するチャンスも生みだしたんです!
このようにブリストル市は国家政府に先駆けて野心的な目標をいくつか打ち立てました。

同時に、国家政府と密に連携し、新しい財政的方策や政策を活用しているところがさすがです。
ブリストル市は企業や市民とも連携し、このことが市が前進する上で一役買っているんですね。
同時に市民やコミュニティが所有する企業を作り、ブリストル市のニーズを満たす手助
けをしているんです。
エネルギー需要が削減され、再生可能エネルギーの供給が増えていることからも、市
の政策は功を奏しました。

Then for 2015,

our city Bristol is celebrated then!

Bristol is now very much progressing this action with the council and citizen!

I would introduce some of them!

素晴らしいですね!!

関連記事

カテゴリー

return top