ビアトリクス・ポターの生家

220px-Peter_Rabbit_first_edition_1902a

そしてこの地方で人気なのがなんといってもピーターラビットです!

ピーターラビットは、ビアトリクス・ポターの代表作としてもしられています。

主役キャラクターのウサギが人気のキャラクターになっています。

このキャラクターがまるで人のように生活しているのが魅力となています。

もともと1893年9月4日にビアトリクス・ポターが友人の息子に宛てた絵手紙が原型となりました。

1902年には初の本「The Tale of Peter Rabbit」が出版されたのが一番最初です。

この生家は、 ニア・ソーリー(Near Sawrey)は、イギリス・カンブリア州の湖水地方のエスウェイト(Esthwaite Water)湖畔

にある小さな村にあります。 ピーター・ラビットの作者であるビアトリクス・ポターが半生を過ごした土地として有名となりました。

「ピーター・ラビット」の作者ビアトリクス・ポター(Helen Beatrix Potter、1866~1943年)が晩年をここで暮らし、

数多くの作品を生み出した。家の中には、彼女のオリジナルのイラストブックや家具や食器などが保存・展示されているのも人気となっています。

関連記事

カテゴリー

return top