イギリスの湖水地方

Bowness_on_Windermere

イギリスの湖水地方はやっぱり人気スポットですが、中でもいくつかのおすすめポイントがあります。

 

特におすすめなのところや魅力のお話の続きです。

 

霧の帽子を被った山々、急峻な渓谷、ガラスのように透きとおった湖などがあります。

そして湖水地方国立公園は、長年に渡り詩人やアーティストのインスピレーションの源となっ

 

てきました。居心地の良い村、カントリーパブ、英国最高のウォーキングルートが点在するこの地方は、

アウトドア好きならぜひ訪れたい場所です。

やっぱりイチオシはなんといってもピーターラビットがい Windermere & Bowness です!

 

Bowness-on-Windermere (/ˈboʊnɪs ɒn ˈwɪndərmɪər/) is a town in South Lakeland, Cumbria, England. Due to its position on the banks of Windermere, the town has become a tourist honeypot. Although their mutual growth has caused them to become one large settlement, the town is distinct from the town of Windermere as the two still have distinguishable town centres. Historically part of Westmorland, in 2012, Bowness was one of the official stop off points for the Olympic torch before it made its way to the Olympic Games opening ceremon

Bowness-on-Windermereは、イギリスのカンブリア地方、南湖水地域の町です。

ウィンダミアの丘にあにあるこの土地のため、まちは観光客には人気のスポットとなっています。

最も大きな繁栄にもかかわらず、シティーセンターの街の賑わいをよそに村の静かな街の佇まいはそのままです。

2012年にはオリンピックの公式スポットとしてもされました。

 

 

関連記事

カテゴリー

return top