London Underground

yjimage3

先日のロンドンのTubeの面白い話のぞくへんです。
The system’s first tunnels were built just below the surface using the cut and cover method, and are large enough to take trains of normal size. Later, smaller circular tunnels – which give rise to its nickname the Tube – were dug through the London Clay at a deeper level. The early lines were marketed as the UndergrounD in the early 20th century on maps and signs at central London stations. The private companies that owned and ran the railways were merged in 1933 to form the London Passenger Transport Board. The current operator, London Underground Limited (LUL), is a wholly owned subsidiary of Transport for London (TfL), the statutory corporation responsible for most elements of the transport network in Greater London. The term ‘Tube’ is nowadays often used both in official publicity and in general usage to embrace the whole Underground system, though it is sometimes only applied to the lines that run in deep-level tunnels, excluding the Circle, Metropolitan, District and Hammersmith and City lines.

As of 2012, 91% of operational expenditure is covered by passenger fares. The Travelcard ticket was introduced in 1983 and Oyster, a contactless ticketing system, in 2003.

The LPTB was a prominent patron of art and design, commissioning many new station buildings, posters and public artworks in a modernist style. The schematic Tube map, designed by Harry Beck in 1931, was voted a national design icon in 2006 and now includes other lines – the Docklands Light Railway, London Overground and TfL Rail – as well as the non-rail Emirates Air Line. London Underground branding is built around the symbols of the roundel and the Johnston typeface, created by Edward Johnston in 1916. London Underground celebrated 150 years of operations in 2013, with various events marking the milestone.
1924年5月13日、デイジー・ハモンドなる女性がベイカールー線、エレファント&キャッスル駅で出産したという歴史があります。

新聞はその生まれた女児がテルマ・ウルスラ・ベアトリス・エレノア (Thelma Ursula Beatrice Eleanor=TUBE) と命名されたと報じれています。

成人したその女児が2000年のテレビ・インタビューに出演し、当時の地下鉄総裁アシュフォード卿を名付け親に、

Mary Ashfield Eleanorと命名されたという事実が判明するまで、その誤報は見過ごされていました。
1933年、公共機関としてロンドン旅客輸送委員会(London Passenger Transport Board; LPTB)が創設され、上記ロン

ドン地下電気鉄道会社、メトロポリタン鉄道、独立のバス、路面電車会社はすべてこの委員会の傘下に入ったそうです。

今日のロンドン交通局と大体共通する業務範囲となりました。

委員会は「1935年40新規事業計画」という路線網拡張計画を策定したが、第二次世界大戦の開戦により計画は凍結されました。

ドイツによるロンドン空襲が開始されると、地下鉄駅は防空シェルターとして利用されるようになりました。

これは一時しのぎの対策として始まり、当局は当初シェルターとしての利用に反対していたが、後には適切な寝台、

便所、食事施設なども備えられるようになったそうです。

戦後は旅客の混雑が悪化した。戦後の人口膨張に伴う交通量増加を受け、1968年に北西―南東方向を結ぶヴィクトリア線が開

通しました。

続いて1977年にはピカデリー線がヒースロー空港まで延伸され、また1979年にはジュビリー線が開通しました。

 

2005年7月7日および7月21日、ロンドン地下鉄の各所で連続爆破が発生しました。

これに関してはロンドン同時爆破事件となりました。
地下鉄を用いて棺が移送されたのはウィリアム・グラッドストンとトーマス・ジョン・バー

ナード(慈善家)の2人でした。

2013年1月13日、150周年を祝う行事が行われた。その行事にはSLが使われモーゲートからケンジントン・

オリンピアまで走行し、この列車にはロンドン市長なども乗車したそうです。

いかがでしたでしょうか。

ロンドンのチューブにはこんな面白い歴史と現在があります。

ほかにもいろいろエピソードや歴史が豊富ですので、どんどんお話していきたいと思います!

関連記事

カテゴリー

return top