London Underground

yjimage2

先日のロンドンのTubeの面白い話のぞくへんです。


The London Underground (also known as the Tube or simply the Underground) is a public rapid transit system serving a large part of Greater London and parts of the home counties of Buckinghamshire, Hertfordshire and Essex. The network is considered the oldest rapid transit system, incorporating the world’s first underground railway, the Metropolitan Railway, which opened in 1863 and is now part of the Circle, Hammersmith & City and Metropolitan lines; and the first line to operate underground electric traction trains, the City & South London Railway in 1890, now part of the Northern line. The network has expanded to 11 lines, and in 2013/14 carried 1.265 billion passengers, making the Underground the world’s 11th busiest metro system.

またこうした運営方式はコスト面からも効率が悪かったそうです。

どの鉄道会社も、より収益性の高い郊外への延伸を目指し、それには資本家からの資金が必要とされました。

そのような資本家としてもっとも有名なのはアメリカ人、チャールズ・ヤーキスである。彼は1900年から1902年にか

けて、メトロポリタン・ディストリクト鉄道、未完成のチャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道

(後にノーザン線の一部となる)、グレード・ノーザン・アンド・ストランド鉄道、ブロンプトン・アンド・ピカデ

リー・サーカス鉄道(ピカデリー線の中核をなす)、そしてベーカーストリート・アンド・ウォータールー鉄道

(後にベーカールー線となる)を次々に買収、1902年4月9日にロンドン地下電気鉄道会社(Underground Electric

Railways of London Company Ltd)を創設する。この会社はまた多くの路面鉄道を所有、更にロンドン・ジェネラル

・オムニバス会社を買収して、「コンバイン」と称される企業組織となったそうです。

 

関連記事

カテゴリー

return top