Hadrian’s Wall

500px-Hadrian's_Wall_west_of_Housesteads_3

イギリスにも万里の長城のような長い城塞があるのをご存知でしょうか?

Hadrian’s Wall (Latin: Vallum Aelium), also called the Roman Wall, Picts’ Wall, or Vallum Hadriani in Latin, was a defensive fortification in the Roman province of Britannia, begun in 122 AD during the rule of emperor Hadrian. It ran between the River Tyne and the Solway Firth on the Irish Sea. It had a stone base and a stone wall. There were milecastles with two turrets in between. There was a fort about every five miles. From north to south the wall comprised a ditch, wall, military way and vallum (another ditch with adjoining mounds). The milecastles were staffed with static garrisons, whereas the forts had fighting garrisons of infantry and cavalry. In addition to the wall’s defensive military role, its gates were used as customs posts.

A significant portion of the wall still stands and can be followed on foot along the Hadrian’s Wall Path. It is the most popular tourist attraction in Northern England and was designated as a UNESCO World Heritage Site in 1987.

ハドリアヌスの長城(ハドリアヌスのちょうじょう)は、イギリスの北部にあるローマ帝国時代の城壁跡です。
1987年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

 

2005年にドイツのリーメスが追加されて、ローマ帝国の国境線と物件名が変更された歴史があります。

ハドリアヌスの長城はイングランド北部、スコットランドとの境界線近くにあります。

ローマ帝国は1世紀半ばにブリタニアまで領土を拡大させたが、ケルト人の侵入に悩まされていまして。

そこで皇帝ハドリアヌスが長城の建設を命じ、122年に工事が開始される。完成には10年の歳月がかかりました。

作業者は、ローマ帝国の支配地から動員された。領土拡張を続けていたローマ帝国が、拡張政策を続けることを断念し

た政策転換点としても象徴的な建造物の一つです。
完成当時は、ニューカッスル・アポン・タインからカーライルまでの118kmにも及んだ。壁の高さは4から5m、

厚さ約3m。後の方で建設された部分は約2.5mに狭くなっています。

完成当初は土塁で、その後に石垣で補強されたと考えられている。約1.5kmの間隔で監視所も設置されていました。

また、6km間隔で要塞も建築され、要塞には500人から1000人のローマ兵が配備されたと推定されています。
この長城は文化的境界ではなく、あくまで軍事上の防衛線として建設されたが、スコットランドに対する防御壁と

して、ローマ帝国の支配が及ばなくなった4世紀後半以後も、17世紀まで使用されていました。

このため、イングランドとスコットランドの国境として半ば固定化し、現在のイングランドとスコットラ

ンドの境界線にも大きな影響を与えています。

 

関連記事

カテゴリー

return top