フィッシュアンドチップスの食べ方

img_0

つづき

そしてフィッシュアンドチップスの食べ方としては、こんなのが定番です。

フィッシュ・アンド・チップスを持ち帰る場合、フライは白紙で包まれ、白紙の外側に油分を吸収する新聞紙が巻かれた状態でだされることが多いです。

かつては円錐状に丸められた新聞紙かわら半紙に入れられていました。

包装紙に包まれたフィッシュ・アンド・チップスを渡された客は歩きながら、

あるいはどこかに腰かけてフライを指でつまんで食べるのが一般的でした。

パブやイスとテーブルが置かれたフィッシュ・アンド・チップスの店では、さらに並べられていました。

イギリスでは、伝統的にフィッシュ・アンド・チップスには酢と塩をかけて食べるんです!

酢はモルトビネガー(Malt vinegar麦芽を原料とする酢)やオニオンビネガーが使われます。

付け合せにはマッシィピー(Mushy peas、潰した緑色の豆)が多いです。

おいしいといえばおいしいけれど、フライに酢!?という感じもします。

関連記事

カテゴリー

return top