Relationship UK and Ireland

yjimage (1)

イギリスのお話をこれまでいろいろしてきましたが、これまであまりふれていなかったアイルランドについてです。

 

アイルランドについてかたる前に、あまり知られていないアイルランドとイギリスの関係

について少しふれておきたいと思います。

イングランドとアイルランドは、共にケルト文化を持つ兄弟のような関係でした。

そのため歴史的には、両国は隣国として交流をもってきました。

イングランドを占領したとき、ローマは、徹底したイングランドのローマ支配の歴史があります。

それ以降徐々に、イングランドとアイルランドの文化的な類似点が薄れたともいわれています。

アイルランドには、キリスト教は入り、ケルト文化とキリスト教が交じり合ったケール教会がはっせいしました。

ローマ帝国の崩壊後、イングランドは混乱し、文化や学術などは衰退傾向にありました。
その時、アイルランドのゲール教会の修道士が大勢イングランドに進出し、学術・文化を

構築させました。
そしてそれ以降アイルランド人が、イングランドの混乱を再構築し、文明を与えたという

ほこりとなりました。

アイルランドに成立したゲール教会は、カトリックに属さないため、教皇ハドリアヌス4世が、

ヘンリー2世に、アイルランドの領有権を与え、アイルランドのカトリックをしようとしました。

アイルランドのレンスター地方の領有し、イギリス人を入植させました。

そしてアイルランドとして独立するようになりました。

百年戦争、バラ戦争などでの歴史でアイルランドをみすてることとなりました。

チューダー朝の成立により、余裕ができたイギリスは、アイルランドに進撃し、アイルラン

ド最大の貴族キルディア伯を滅ぼしました。

そしてアイルランドに覇権を確立することとなりました。

次記事へ続く

関連記事

カテゴリー

return top