Everyday English in England

英語1

前記事よりの続き

前記事でご紹介したイギリスでよく使う単語ラビッシュ(ゴミ)の実際の使い方についてです。

こんな場面でよく使います。

例えば

Can you put this rubbish in the bin?
このゴミをゴミ箱へ捨ててもらえますか?

のようにお願いすることができます。

あるいは、

rubbish binは、ゴミ箱のいみになります。

Can you throw away this in the rubbish bin?
これをゴミ箱に捨ててもらえますか?

という意味になります。

The bin is put in a corner of the room.
ゴミ箱は部屋の隅におかれています。

アメリカでは、トラッシュカン(trash can)、ガーベッジカン(garbage can)などが使われるようですが、

イギリスではゴミというトラッシュ、ガーベッジとともにカンという単語もあまりつかいません。

そしてもうひとつ重要なつかいかたが、ごみ=くだらないとかとるに足らない、あるいはダメなとか良くないという意味でも使われます。

会話としてこんなものがあります。

What did you think about yesterday programme on TV show?
昨日のテレビ番組どう思いましたか?
It was rubbish….and boring…
あれはダメだったですね、、、すごくつまらなくて、、、、

という具合です。

あるいは、無理無理とかまさかありえないというような意味もあります。

The school team will win the match tomorrow!
明日の試合で学校のチームは勝ちそうです。

Rubbish! I don’t think it is no way.
無理だよ。 私はそれはありえないと思うな。

などのようになります。

かなりいろいろな場面に登場するこの単語です。

あるいは、ポスターや張り紙などでもみるかもしれません。

ゴミ箱へゴミをいれてくださいのように。

ぜひ覚えておくといいと思います!

関連記事

カテゴリー

return top