イギリスを代表する作家シリーズ Dame Agatha Mary Clarissa Christie

yjimage

早速ですが、前の記事でご紹介しましたイギリスの作家Dame Agatha Mary Clarissa Christieについての追記時です。

今回は、彼女のもっとも人気の作品をご紹介してみたいと思います。

やはり一番知名度が高い作品として『そして誰もいなくなった』があります。

『そして誰もいなくなった』は、原題: Ten Little Niggers または And Then There Were Noneとして、1939年に刊行されました。

アガサ・クリスティの長編推理小説の初期の作品の一つです。

イギリスで新聞連載、アメリカで雑誌連載の後、1939年11月6日にイギリスのコリンズ社「クライム・クラブ」より “Ten Little Niggers”、

翌年1月にアメリカのドッド、ミード社「レッド・バッジ・ミステリー」より “And Then There Were None” として刊行されました。

孤島から出られなくなった10人が1人ずつ殺されていくというクローズド・サークルの代表的作品であるとともに、「童謡殺人」(見立て殺人)

の代表的作品でもあるのも魅力の一つです。

全世界で1億部以上を売り上げ、その評価はクリスティ作品中でも特に高く代表作に挙げられます。

作者自身により戯曲化されており、何度も舞台や映画、テレビドラマとして上演されています。

中でもルネ・クレール監督の1945年の映画はよく知られています。

小説だけでなく英語をご覧になったかたも多いはずです。

あらすじは、イギリス、デヴォン州のインディアン島に、年齢も職業も異なる10人の男女が招かれたところから話がはじまります。

しかし、招待状の差出人でこの島の主でもあるU・N・オーエンは、姿を現さないままこの孤島ミステリーは展開します。

やがてその招待状は虚偽のものであることが明かされて、このストーリーが二転三転していくところが醍醐味です。

不安に包まれた晩餐のさなか、彼らの過去の罪を告発する謎の声が響き渡ります。

告発された罪は事故とも事件ともつかないものでした。

その声は蓄音機からのものとすぐに知れるのだが、その直後に生意気な青年が毒薬により死亡します。

さらに翌朝には召使の女性が死んでしまいます。

残された者は、それが童謡「10人のインディアン」を連想させる死に方であること、また10個あったインディアン人形が

8個に減っていることに気がつきます。

その上、迎えの船が来なくなったため残された8人は島から出ることができなくなります。

まるで完全な孤立状態となったヒューマンミステリーあるいは恐怖や旋律がさらに助長されていく様子もひとつの見ものです。

さらに老将軍の撲殺された死体が発見され、人形もまた1つ減っているのを確認するに至り、皆はこれは自分たちを殺すため

の招待であり、犯人は島に残された7人の中の誰かなのだ、と確信します。

誰が犯人かわからない疑心暗鬼の中で、召使、老婦人、元判事、医者が死体となり、人形も減っていきます。

そして、残された3人のうち2人が死に、最後の1人も犯人がわからないまま精神的に追いつめられて自殺、そして誰もいなくなった。

というのが話の結末。

そして、後日、救難信号を発見した島の近くの村の人間が、島で10人の死体を発見されました。

事件の発生が明らかとなります。

事件を担当するロンドン警視庁は、被害者達が残した日記やメモ、そして死体の状況などから(それは読者が知りえたのと同じくらいに)、

事件の経緯、大まかな流れをつかむことになります。

そして、当時の島の状況から、犯人が10人の中にいると考えると矛盾が生じるため11人目がいたと推理されました。

それが何者で島のどこに潜んでいてどこに消えてしまったのかまではわからないままとなります。

しかし、ある漁師がボトルに入った手紙を見つけることですべての謎が解明することになりました。

事件の真相は、ボトルの中の手紙は真犯人による告白文でした。

真犯人は被害者の1人と思われた招待客の1人であり、事件で不明だった犯行方法・犯行動機などすべての謎に対する

真相が記されていました。

真犯人は幼少より生物を殺すことに快楽を感じていたが、同時に正義感も強い人でした。

そして人を殺す欲望を満たしかつ正義を行えることとして、法律では裁かれなかった殺人を犯した9人の人間を集めて、

1人ずつ殺していく計画を実行したのです。

真犯人は作中で殺害されることになるが、それは巧妙な偽装死であり、すべてが終わった後に告白文を書き、海

に流して本当に自殺しました。

真犯人が最後のページで死ぬことを語ることによって『そして誰もいなくなった』はその名の通り幕を閉じることとなりました。

いかがでしょうか。

最後の結末もなんとなく物悲しくもあり、そして予想を上回る意外性もあり、さすがミステリーの女王ですね。

一度は読まれたことがある作品かもしれませんが、もう一度じっくり読みたい傑作ミステリーといえるでしょう。

また別の作品についてもおいおいご紹介していきたいと思います。

関連記事

カテゴリー

return top