花粉症!?今頃!?

07011

7/1 http://www.bbc.co.uk/news/magazine-28038630

イギリスの花粉症についてこんなことが。

One in four people in the UK suffer from hay fever, with GPs reporting a doubling of cases since June last year. So why didn’t anyone even know it existed 200 years ago?
The start of summer is the worst time of the year for some people. As temperatures rise sufferers of hay fever sneeze their way through each day, bothered by itchy eyes, blocked sinuses, tickly throats. It affects up to 16 million people in the UK.

イギリスでは、4人に一人が花粉症を患っているということで、昨年の調査でなんとその数は2倍までに至ったとか。
花粉症を患っている人にとっては、ちょうどこの初夏がもっとも悩ましい季節だとか。
え!?花粉症ってどちらかというと、春の初まりとともに始まってそのころが一番苦しい季節だと思うのですが、違うのでしょうか?
この季節は雨が増えて、多分花粉が飛ぶのかおさまっているような気がするのですが。
もしかすると、国によって季節がちがうのかもしれませんね・

Hay fever, an allergy to pollen, sounds like an ancient, rural name for a long-established malady. But, in fact, two centuries ago nobody had heard of it. It took the efforts of one man, himself a sufferer, to cajole the medical world into understanding what was going on.

そして200年前には見られなかった症状でした。

John Bostock, a Liverpool-born London doctor, had spent his academic career looking at bodily fluids, taking a particular interest in bile and urine. Yet he had also suffered from catarrh – blockages of the sinus and a general feeling of heaviness and tiredness – in June every year since the age of eight. The timing had long perplexed him.

症状は全く同じで、鼻水、頭痛、倦怠感など。

4人に一人というところは、日本より少し少な目のような気がします。

また、マスクをしている人やくしゃみをしている人は見たことがないので、もしかすると日本が流行率が高いかもしれません。

でも、一応イギリスでもあるはあるようなので、また誰かくしゃみをしている人を見かけたら聞いてみようと思います。

De you have a hay fever? って

関連記事

カテゴリー

return top