Northmidland Dialect

続く方言は北中部です。

この地方は、ヨークシャーやイースト・ミッドランズを含むこの地域です。

かなりきつい訛りがみられるともいわれます。

英国では北中部のみならず、北部訛りに対する偏見が根強く残っていますが、

この地域の人々は自分たちの言葉に誇りを持っていて、自らの訛りを「tyke」(タイク)

と呼ぶそうです。

なまりを守ろうとする傾向が強いのも特徴のようです。

そしてロンドン近辺では全く耳慣れない単語や、使い方が異なる言葉も多く、知らなけ

ればお手上げ状態です。

 

特長としては、「h」を発音しません。 「t」が詰まった「ッ」になります。

ただし、コックニーと比べると大ざっぱで、たまに発音されることもあるそうです。

「bath」や「fast」の母音が[ae] となる 標準語ではこれらの母音は[a:]と伸びるの

に対して、[ae]となる。どちらかというと米語に近いイメージです。

 

この地方のなまりを話す有名人としては、サッチャー元首相です。

実は彼女、北中部リンカンシャーの労働者階級の出身だったそうです。

学生時代に徹底的に発音の特訓を受け、見事RPを話すようになったのだが、議会でも激昂

するとつい本来の北部訛りが出てしまい、冷笑されていたとも言われています。

関連記事

カテゴリー

return top