Northwest Dialect

ac02

続く方言は北西部です。

リバプールやマンチェスターを含む、スコットランドからウエールズに至るまでの北西部の訛りは、

その他の北部訛りとほぼ同じです。

とくにリバプールの訛りは「Scouse」(スカウス)と呼ばれ、アイルランド訛りに強い影響を受けています。

リバプールにはアイルランド出身者が多いためで、同じくアイルランド移民が多い米ニューヨークでも似た

ような訛りがあるとも言われています。

 

特長は、「r」は巻き舌発音する 「r」は米国同様、必ず発音されます。

「th」の発音が「t」、「d」 となる 代表的なアイルランド訛りで、 「three」と「tree」の発音が同じになります

この地方のなまりをはなす有名人としては、やはりリバプール出身のビートルズです!

意識的に訛りを取ろうと努力していたポール・マッカートニーに対し、ジョージ・ハリソンはかなり長い

間リバプール訛りが抜けなかったようです。

ボーカルを取った時でも訛りは全開だったというから、北西部訛りを勉強したいならジョージの歌が特徴的です!

 

関連記事

カテゴリー

return top